4,マレーシア鉄道(ETS)スリムリバー経由でキャメロンハイランドへ

マレーシア北へ南へ2000kmの旅へ【4】Aug. 11, 2017~Aug. 16, 2017

相方が言う。

「雲にかかってKLタワーがかすんで見える・・・」

バスを降り、王宮に向かう途中振り返ると不思議な雲が空を覆っていた。

「雨がくるのかな?」と私が言う。

「降らないと思う・・・」何の根拠があるのか相方は否定。これまでも海外で外を歩いているとき、ほとんど雨に当たらないという神話が私達にはある。どういう訳か「晴れ男と晴れ女」らしいのである。

Istana Negara

王宮前から雲を眺める。天候は晴れだが、これから局地的な雨があるのか?

午前中というのに、もう陽差しが強くなっている。バスは、普段なら観光できない場所へ行くようだ。それらは人気の観光スポットでもあるのだが・・・。

ツアーだからこそ、行ける場所がある。

きっとツアーを使わずにマレーシアに来た場合は、なかなか訪れる事ができない、クアラルンプール市内観光。午前中は王宮(新王宮)や独立広場になどを巡るスケージュールである。

現国王が住居としてる王宮は、大きな中央門は、金色の扉で閉ざされ、その両側には門番が無表情で警護している。記念撮影のスポットでもあり門番と一緒に写真におさまるのが人気のようである。

門から中には入れないが、よく手入れされている芝の前庭が広がっていて、そこからの距離が一層権威を象徴している。

新王宮

金色に輝く門の向こうには入ることはできないが、緑一面の手入れされた芝の前庭が印象的

遠くから王宮をみるとその広大な土地に建っていることがわかる。それにしても、おおくの観光客が訪れていて、門の前の広場は人が行き交って人気の高さがうかがえる。交通の便としては、あまり便利ではないのでツアーでなかったらタクシーでくるしかないように思う。

門から先の前庭。午前9時前、王宮の前では、数人で庭の手入れが行われていた。

1957年8月31日はマレーシアの独立記念日、60周年がまもなく

「私も、1957年生まれなので還暦。マレーシアも私達が帰国後に独立60年を迎えるのか」

英国から独立を勝ち取る。それを記念する国家記念碑(National Monument)を巡る。

国旗を掲げるその情景は、どこかで見た気がすると思ったら、

ベトナムのダナンへソウル経由で行ったとき仁川の「無料トランジットツアー」に参加したときに見た光景を思い出した。

National Monument

マレーシア独立戦争は、共産主義ゲリラと戦いであり戦没者の兵士を弔う戦争記念碑

イギリスから独立して節目の年となる60年、祝賀行事も例年以上の盛大な規模で開催されるようなので、8月31日の独立記念日以降は、「在 マレーシア日本国大使館」も注意喚起をしています。

一方で、この60周年の記念と同時に、日本との国交樹立60周年でもあり公式のロゴを発表しています。両国関係は経済、文化、人などを通して良好な関係が築かれている証だと思えます。

国立回教徒寺院(国立モスク)マスジッド・ヌガラに移動。ここはイスラム教徒以外礼拝堂には入れないので、ビューポイントから写真を撮る。

尖塔(ミナレット)が特徴で73mほどの高さでそびえ立つ。元々は礼拝の時間を人が登って伝えていたのが、現在ではスピーカーとなり拡声器となっている模様。また青い屋根は傘を開いたような多角形で作られているのが特徴的であった。

マスジット・ヌガラ

国立のモスク、マスジット・ヌガラに立ち寄る

午前中最後は、ムルデカスクエア(独立広場)へ向かう。いつものGoogleMapsを見ていると、意外と近いことがわかる。もしフリーで来ていたなら歩いてしまう距離のような気がする。(それでも、道沿いに歩くと700~800m、陽差しだかなり強いので疲労度は大きいそうだが)

現地にバスが着くと、その人の多さにまたビックリすます。真っ先に目に入ってきたのは、

「I  LOVE(ハートマーク)KL」の大きな看板。そこの前で写真を撮るのがトレンドのようで、日本人以外のアジアの人達が長い列を作って順番を待っています。

「クアラルンプールに来た証なのかな・・・」と私。

こう言う事には、興味が無いことはわかっているので問いかけているつもりはなかったが、

「ここで、写真撮っても意味があるのかなぁ~」

と相方が言うあたり、同じ価値観でいたことに。それよりも、興味があったのは高く掲揚されている国旗をはためかせる塔の存在である。掲揚塔としては、世界一を誇るらしい。

「ペトロナスツインタワーといい、今はすでに世界一の高さではないけど、マレーシアの人は世界一が好きなのかな?」と相方に言うが、勝手に写真に没頭している。

仕上がったiPhoneで撮った写真は、空高く伸びた掲揚塔の先にたなびくマレーシア国旗である。

Merdeka Square

ムルデカスクエア(独立広場)にある高さ100m(世界一らしい)の掲揚塔

この独立広場の向かいには、大きなラジャ通りをはさんで旧連邦事務局ビルがある。写真を撮っていたら、相方が見つからない。どこで何をしているのか・・・まあ集合時間までにはバスに戻るだろうと思い別行動。

Sultan Abdul Samad Building

ヨーロッパの何の建築に影響されているのか要素がありすぎる、時計塔はイギリスか?・・・旧連邦事務局ビル

そろそろ時間である。相方はちゃっかり顔を見せる。

「時間ですよ・・・」

こっちが言いたいくらいだった・・・ずっと探していたという気持ちがあったで、

「どこにいたの?」

おもむろに、iPhoneの写真アプリを立ち上げて見せてくれたのは、

セグウェイ

セグウェイに乗った警察の警備の様子

「まさか・・・捕まった?(笑)」

「みんな注目して写真撮ってたよ」と相方・・・。

バスに戻ると、最後の二人となった。今回のツアーのメンバーは時間が正確。スムーズに進んでいくと現地の添乗員さんのポールさんが言っていた。

日本人のツアーは、時間が正確!

次は、バティック(ロウケツ染め)の工場が併設されている雑貨店に立ちよって昼食になることを伝えられた。

バティック

バティックと言えば、インドネシアのジョグジャカルタが有名だけど、東南アジアの文化は似てくるのかな!

マレーシアはなぜ日本人が住みたい国「世界No.1」なのか?

  • 住民税や相続税・贈与税などがない
  • 日本とマレーシアは租税条約を締結している
  • 日本よりも安い生活費
  • 長期滞在ビザを取得しやすい(MM2H)

などがその理由といわれています。財団法人ロングステイ財団の調査においては2009年から2016年まで住みたい国No.1(日本人が)だそうです。

あと、食事がおいしいと言う理由があって期待してしまいます。中華料理に影響を受けたものが多いようにも感じます。

このように、住みたい国No.1ですが、ビールなどのアルコールは他の食料品の比率に対して高く、日本と変わらないかそれ以上の金額で販売されています。そこで、あらためてイスラム教の多い社会なのだと認識させられます。

Tiger Beer

1日のシメに冷たいビールをグビッと1杯、という酒飲みにはちょと辛い。Tiger Beerをよく見た。

あと、イギリスの植民地支配による交通が功を奏して、日本と同じです。車は左側通行で右ハンドルなので、海外で運転をするにも違和感なく操作できるのは大きなメリットだと思います。

KLセントラル駅からいよいよ乗車します。

KL Sentral- Ipoh行き 

9304便のIpoh(イポー)行きに乗るようです。ホームは3番。

さすがに、マレーシアの最大の鉄道駅です。スリムリバーへはウエスト・コースト線 Ipoh(イポー)行きに乗車します。出発時間までは、多少自由時間があります。階下のコンビニに行ったり駅の全体を見てまわります。

車両は、マレーシアの虎(マネーの虎ではありません・・・古い!)をイメージしているようで、先頭車両にはそのアイデンティティが活かされています。キャラクターも力強い存在でアピールしていますので、観光客のみならずに地元の子供達にも人気で一緒に写真を撮る姿をよく見ました。

スリムリバーまで、80分ほどの鉄道の旅へ

駅構内でチケットカウンター付近だけ、エアコンが効いています。明らかに快適さが違います。集合時間が近づいて来たのでこの辺にいます。鉄道の旅なら現地オプショナルツアーに参加する事ができます。Ipoh(イポー)までなら日帰りの鉄道旅行も楽しめます。 マレーシアのオプショナルツアー予約ならVELTRA を使ったクアラルンプールから現地ツアーを利用してみるのも効率的です。

KLセントラル駅チケット売り場

定刻に到着なら1時間20分ほどでスリムリバー(Slim River)駅に到着します。車内は寒いと言われていたので一枚余計にリュックに入れてあります。その他の荷物は、バスの中に入れてありますので身軽です。駅に到着後、先回りしているバスに乗り換え、高原地帯のキャメロンハイランドのホテルへ2時間ほどの道のりになります。



つづく・・・

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。