8.帰国の前にバンコクでトランジットタイムを満喫!【その2】

プーケット、雨季と言っても時々刻々美しいリゾート【8】Aug 11, 2016~Aug 16, 2016

※手荷物受取の方へ進むと出口方向だ。

※手荷物受取の方へ進むと出口方向だ。

エアポートリンクを使って空港脱出

「エアポートリンクの方へ行くだけね!」と言いながら相方は案内掲示の手荷物受取の方に歩き出していた。
「荷物はスルーしてあるので、出たら地下に向かってエスカレーターでぐるぐるだな。」と言いながら、相方に両替をしなくていいか確かめた。時間が限られているので、乗り継ぎ時間がたっぷりあるとはいえ有効に使いたい。

※預けた手荷物を気にせず出口から出られるのは身軽でイイ。

※預けた手荷物を気にせず出口から出られるのは身軽でイイ。

現金をチェンジするにも、ATMで新生銀行の海外預金を引き出すにも、クレジットの海外通貨のキャッシングにしても空港内で済ますのが効率がいい。

「両替はしなくて大丈夫。交通費と食事代入れても残るくらいある・・・」
相方はそう言うと、「また、タイに来ることになるね!」
私の方は今度またタイ旅行ができる口実ができたことに喜んだ。

思ったよりdtacのツーリスト用SIMカードの速度が落ちないな

dtacのツーリスト用SIMカードは、まだ日数が残っているので空港のFree Wi-Fiを使う事もないので手間が省ける。数時間前までいたプーケットの空港とは桁違いに人が多いが、モバイルデータ通信4Gの速度が低下することはないようだ。

※エアポートレイルリンクはB1階へ-わかりやすい。

※エアポートレイルリンクはB1階へ-わかりやすい。

乗り継ぎエリアではないので、タイで使うSIMフリーキャリアAIS 1-2 Call 3G TRAVELLER Simカード・ Dtac Happy Tourist sim 3G・【TRUE MOVE】タイ プリペイドSIM7日間 データ通信無制限 100分無料通話つき と選び放題なのがうらやましい。

乗り継ぎなどで制限エリア内しか通過しないなら日本国内で調達も

今回の私達のように乗り継ぎエリア内しか通らない場合には、事前に購入できてタイのスワンナプーム国際空港に入ってすぐSIMカードをセッティングできる利点があります。価格がタイ国内より高いのは気になるところですが、安心感を得られた方がいい方におすすめです。最終到着の空港まで、モバイル通信は必要ない方は必要ないですが・・・。

タイ 旅行必備 4G データ通信定額 プリペイド SIMカード Dtac Happy Tourist sim 2.5GB/7日間 無料通話付き 2枚セット 5GB利用可能

エアポートレイルリンクへは、エスカレータを使って地下へ向かう。他の空港のようにタクシーのドライバーと交渉とかがなく、公共の交通機関を使って目的地へ行けるのは便利。さらにバスとか渋滞による到着時間が読めないこともない。

※ここから始まるエスカレーターグルグル!

※ここから始まるエスカレーターをグルグルと乗換えながら目的の駅へ。

「ノンストップのエクスプレスでなくていいよね。」と前回来たバンコクの記憶が鮮明となってきた相方が通のように言い放った。
「シティーラインの方が頻繁に来るから、そうしようよ」とまだエスカレーターの途中での会話が弾む。一度来た道は、大きな安心感になっているのだろう。

※(エクスプレス便は、今年の1月から運休しているらしいことが、駅に着いてスマホでブックマークしておいた時刻表を調べようとして気づいた)

※長い下りのエスカレーター、勝手を知ってる強みか、足取りも早い相方・・・

※長い下りのエスカレーター、勝手知った強みか、足取りも早い相方・・・

あと少しで改札とわかった相方は、こっちを急かすように立ち止まっている。初めてバンコクへ来た時は、おそるおそる私のスマホの情報を頼りにして歩いていたのにもうベテランの域である。

※エアポートレイルリンクの案内が過ぎたところでそれに指をさしながらこちらを促す相方

※エアポートレイルリンクの案内が過ぎたところでそれに指をさしながらこちらを促す相方

しばらくすると、カフェスタンドが右手に見えてくる。そうすれば、もうすぐ「スワナプーム空港駅」である。

※右側に駅がある。シティーラインは、案内の赤の車両

※右側に駅がある。シティーラインは、案内の赤のマーク車両。(ちなみに青はエクスプレス)

時刻表を見てみる。スマホをみると現在の時間は、16時23分になるところである。先ほど早歩きになったりした集団がいたのはきっと、22分発に乗るためだったのか?

「次の便は37分、15分位ある・・・」と私が言うと

「もう少し、早く歩いてくれれば今のに間に合ったのに・・・」と相方は言うのだが、別に急ぐ用事はないはずなので単純にギリギリ感を楽しみかっただけだろうと思う。

※時刻表で確かめて見た。

※時刻表で確かめて見た。

コイン型の乗車券を購入してホームに降りる。

※(とうとう、エキスプレス便の廃止が決定(newsclip 2016.10.6の記事)した。色分けで青いコイン型乗車券で、案内板のマークと一致していたのに・・・通勤、通学者の増加でエキスプレス便の車両は横並び2列シートがロングシートの縦座り改造になるようですが、もともと、このシティーラインの車両は、横幅が少なく旅行者の大きなスーツケースがあると狭さを感じます。これから混雑時は気をつかいます。)
※ICチップ入りコイン型乗車券は、シティーラインは「赤」でした。

※ICチップ入りコイン型乗車券は、シティーラインは「赤」でした。

昨日の爆破騒ぎのため、駅の警戒レベルは高い状態でした

すべて、扉付きの乗降口になっていて安全対策は万全である。普段と違うところは、警官が扉ごとにいる。

車両が入ってくると、終点折り返し駅なので車両の車内点検が行われてから乗車が許可される。
※車両が到着すると、各扉から警官が数人乗り込んで検査の上で乗客を乗せていた。

※車両が到着すると、各扉から警官が数人乗り込んで検査の上で乗客を乗せていた。

警戒のレベルは、首都バンコクの方が数段上なのだろう。各建物に入るたびに、手荷物検査は覚悟しておこう。

パヤータイ駅に着いた。BTS(スカイトレイン)に乗り換えて、スクンビット線を使ってサイアム駅に行く予定。遠くを見ると普段見られない混雑具合があるようだ。

※30分かからないで、パヤータイ駅に到着

※30分かからないで、パヤータイ駅に到着

エアポートレイルリンクへ行くには、この金属探知のゲートをくぐっていく。パソコンやタブレットなどの電子機器を持っていると、ほぼ止められて鞄のチュックをされてる。MRT(地下鉄)では各駅に金属探知のゲートがあったのは覚えているが、このような光景ははじめてだった。

※エアポートレイルリンクのパヤータイ駅からBTS(スカイトレイン)の同駅名に乗り継ぎ。

※エアポートレイルリンクのパヤータイ駅からBTS(スカイトレイン)の同駅名で乗換。

右に行くと、BTSの駅に接続する。

はじめてタイに来た時は、目的地に行くのにBTSやMRTなどの公共交通と、トゥクトゥクなどを使い大半は歩いてまわった。

何度も現地の人に道を尋ねた。それでも、初版から版を重ねて時代に対応している 歩くバンコク2016~2017 (歩くシリーズ) は有意義だった。

当時、このガイドブックがあったおかげで、バンコクの街を見てまわりタイが好きになったきっかけでした。

つづく・・・

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。