3、i-resort 泥温泉もハイシーズン。「どこもかしこも人の波(その1)」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

ビーチリゾートでもチャンパ遺跡巡りへ【3】Apr. 28, 2018~May 04, 2018

Nha Trang I-Resort

i-resort (アイリゾート)で5%OFFになる券。ホテルにて

昨日の夜、シャトル電気自動車を予約したときにもらった割引券。

i-resort へ専用電気自動車で行く

ホテルへ迎えに来たのは、30分ほど過ぎた頃。予約していたのになかなか来ないのを気にかけてくれて、ホテルのツアーデスクのスタッフも確認の電話を入れていた。

相当、混み合っているのかもしれないと思った。

まだまだ乗るようです

定員としては、あと2名も乗車したらほぼ満席であるが、いくつかのホテルに立ち寄るという。

座席も相席のように詰めて乗り込んで、さらにホテルの前に止まった。あと2名は乗れないのだが、停車して待っている。先ほど相席となった人と今回の2名は、電話で呼んでいたタクシーに乗車させて向かわせている。

「なるほど、それで待っていたのね!」と相方。

もちろん、あとからタクシーに乗ったグループは、ビューンと私達の乗る電気自動車を追い越していった。

I-Resort

どこが受付で支払うのかも見えないくらい混み合っています。

到着して、受付に並びますがいつものようにバラバラで、どこを目指しているか分かりません。地元の人も観光客も多いようです。

やっと支払いのところにたどり着きましたが、どんなメニューがあるのか見られないので、すかさず相方は、i-resort のサイトをスマホの画面で表示してオーソドックスなメニューを選択しました。

スマホは、こんな時便利です。現地のSIMが入っているのでレスポンスも抜群

本当は、ここに来てから説明を受けて決める予定が、混雑でそれもかなわずさっさと支払いを済ませました。あとで分かるのですが、あまりの混みようで長い滞在型のメニューにしなくて正解でした。

1人300,000VNDの泥温泉メニュー

大きな湯船に、色々な人との混浴になるかと思いきや、相方とのプライベート浴槽でした。一応、海水パンツや相方は水着を持参していきましたがレンタルで借りて入りました。

生地の色にもよりますが、色が落ちなくなるものもあるようです。

ベトナムの人に取っての国民の休日は、リゾートという名のつくところは人だかりであることがわかりました。その中に、私達も含めて外国人がいますので混み合うこと必至です。

ここでタオルとレンタルの水着を借ります。手提げのポリ袋にペットボトルの水を渡されます。

ここで着替えのため男女左右に分かれます。一緒に渡されたロッカーキーも渡されます。

お互い別々になかへ進んで行くと合流します。

ベトナムへ行ったら、泥温泉期待がふくらみます。

係員の指示に従い、泥温泉スタッフにメニューの紙を渡します。

やっと泥温泉初体験です。

蛇口を捻ってくれると、泥の成分が浴槽に出てきます。とても混んでいたので大きな浴槽で色々な人と入浴のスタイルとなるのかなと思いましたが、夫婦やカップルなどの二人は、このような小さなバスタブになりました。

一気に泥がたまっていきます。

身体全体を沈めてみました。すべすべ効果を期待してまわりの人達は、顔に塗って乾燥させています。確かにつるつるしてくる気がします。安いプランなので冷泉でしたが、冷たい訳でなく温くてちょうどイイという感じです。

ニャチャンの天候と気温でそう感じるのかもしれません。

20分間ということでしたが、充分過ぎるくらいの時間です。隣にあるシャワーで泥を流しますが、色が落ちないと(言葉はわかりませんが)言っている家族などもありました。

シャワーを浴びたあとは、すべてフリーとなります。通路を通ると水圧がかかっている洞窟などもありました。

強めの水圧です。

子供達の遊び場所です。今日は子供連れのファミリー層が多いです。

色々な所に滝があります。

この施設内は非常に広いのですが、今日は家族がたくさん集まっていてピクニックのように食べ物を広げています。まるで日本の花見見物のようにシートを敷いて楽しんでます。ウォータスライダーのような子供用滑り台がある近くは人気スポットで混んでいます。

ちゃんと整列して順番まちしていました。

滝のあるところは、どこも人気です。

芋洗い状態ともいいましょうか?

唯一、空いているところ・・・プールなんですが、監視員が厳しいくて、小さなお子さんは水深の関係で注意をうけてたりしていました。これぐらいきびしいと、お父さんお母さんも安心です。

親が抱きかかえるような感じでも注意を受けていました。

まだ、昼前です。予定では15時くらいまでゆっくりするつもりでしたが、まったく持ちません。休むところも混んでいるし時間を持て余します。

空いているときなら、ゆったりとして過ごせそうですが、今日は切り上げることにします。VIPコースなど高いプランにしないでよかったです。ここで2時間以上過ごすのは、性格としてできそうにありません。

一応、泥温泉の体験はできたので目標達成ということで。

i-resort (アイリゾート)内は、スマホの接続状態が4Gでつながりにくく、3Gでつながっていました。それでも、mobifoneが安心です。日本で購入しても、現地で購入しても変わらないくらいの金額です。用意していくと安心です。

ニャチャン市内 半日観光とタップバー泥温泉ツアーiconのような現地オプショナルツアーを使うと効率のよい時間配分が出来そうです。「大人2名参加後に体験談投稿で半額返金 」モニターなどもやっているのでお得です。

泥温泉で、一番役に立ったのは、スマホ用の防水ケースでした。相方のiPhone7は防水とはいえ、この泥と水圧などを考えると、本体のまま持ち歩くのは得策ではありません。

タクシーで、石が挟まったように浮いているホンチョン岬へ

出口で、帰り道近くの名所によって帰れないか?と考えていた。もちろんここで都合のよいタクシーがあるとは思わない。

ここには、タクシーの配車係がいてテキパキ人をさばいて乗せていく。声がかかったのでホテルの道すがら、「寄りたい場所を地図で示して観光して帰りたい。」と伝えた。メータータクシーなので無理だとこちらは思っているので、何度も確認する。

それでも大丈夫と言う言葉で、タクシーに乗り込んだ。事情の知らないタクシーの運転手は、さっきベトナム語で書いた「ホンチョン岬」や「ポー・ナガル塔」~「ホテル」とメモを渡すとOKと言って走りはじめた。

泥温泉でよく泥を落としてきたのですが、手の毛穴にも入り込んで汚い?

10分くらいタクシーに待ってもらっています。チケットを購入して中へ入ります。写真を見てびっくりです。手が泥温泉の粒子がとれずに指紋やシワ、毛穴と付いています。かなり着替えのとき入念にシャワーで流してきたのにこの結果です。

水着に付いた泥の色が落ちにくいというのも納得です。

Hon Chong Promontory

どのようにして載ったのか考えてみる???

丘の上から降りて海岸にこの石があります。

観光客がバスなどできています。

タクシーを待たせて時間がないので、すぐに登ります。待っていたタクシーに飛び乗るようにしてポー・ナガル塔へ向かってもらいます。

メータータクシーなので、恐縮しています。

ポー・ナガル女神を祀るチャンバ遺跡の傑作と言われるポー・ナガル塔

ホンチョン岬からは、西へ直線距離でそんなにないだろうと地図で確認する。Google Mapsで確認すると、道路としては色々なルートがあるようだが概ね10分と言うくらいだろう。

道路の混み具合もあるけどすぐに到着しそうである。

ここで、タクシーの精算をすることになった。ここで待つのは不可能かのようにタクシーやバスの出入りが激しい。先ほどは、待ってもらっていたので気持ちばかりのチップを渡した。ドライバーは、はじめ律儀に細かい金額までお釣りを渡してきた。

一度手にとって、その分を渡すことにした。ニャチャンのタクシーは、誠実なドライバーが多いように感じる。

チケット売り場は、大きく金額が張り出してあった。ベトナムの貨幣単価が大きいので、尚のことお金を用意しやすいのはありがたい。

ニャチャン市街から近いので、観光客はタクシーを乗り付けて来る。

窓口は、意外と時間がかかっている。お金の単位が大きいので迷うのだろう。どこの観光客も同じ思いかも?混み合っていた窓口が一応収まったので、この写真の後にチケットを購入。

今回の旅、初チャンバ遺跡です。

西側に向かってある入口でチケットの半券を切ってもらい入場する。入ってすぐに圧倒されるのが、10本の列柱廊である。

スーと立ち上がっているレンガ作りの列柱廊

主祠堂は、左右に並んだ列柱廊の中央にある。

Po Nagar Cham Towers

タップ・バーとも言われるポー・ナガル塔の主祠堂が見える。

西側へ裏手から登って行きます。人がかなり多いので撮影のポイントも限られています。

Po Nagar Cham Towers

この今立って撮影しているところ付近に、今は無き副祠堂があったと記録されています。

Po Nagar Cham Towers

思ったよりも若い人が多い

色々な国の人達がきています。ベトナムのチャム族の参拝の場所なので、人は多いけれど清掃は行き届いています。

このニャチャンへ来る観光客の目的はリゾートライフなので、半袖半ズボンなので、肌の露出をさせないためなのか、衣装のレンタルコーナーもありました。お金を取っている様子はなかったので、無料だと思います。

Po Nagar Cham Towers

レンタルをして参拝?という人も多かったです。

展示室もあるようなのですが、冷房が効いていて考えることは世界共通のようで入館しない方が良さそうです。人の多さにここでも閉口です。

写真もたくさん撮れましたが、人にも酔ってきました。出口に向かってGoogleMapsを開いて見ます。タクシーで帰る予定でしたが、テクテクと歩くのも出来そうな距離ということがわかります。

テクテクと。

4km弱の平地なので歩けるかなと・・・

停車中のタクシードライバー数人に声をかけられましたが、丁寧にお断りをして目の前の交通量の多い「4月2日通り」をなんとか横断して「カイ川」沿いの道を進みます。

カイ川の河口付近、ニャチャン湾との合流地点

淡水と海水が混じりあう場所なので、漁をする漁船が多く停泊しています。この川沿いの道路は、交通量が少ないのか、ポー・ナガル塔の観光客を連れて来たと思われる観光バスなどが時間待ちして待機しているようです。

ポー・ナガル塔の人はどうやってここに来たのかと思いましたが、わかりました。

さっきまでいた、ポー・ナガル塔がある小高い丘が見えてます。

ポー・ナガル塔が海に面して川という交通の利便性がある場所に建っていることがわかります。

ちょっとした木陰があるだけで涼しさを感じます。風が少しあるので助かります。

海岸とカイ川が交わるチャンフー橋の橋の袂に到着。ここからチャンフー通りの道沿いを真っ直ぐ南へ行くとホテルです。

チャンフー橋にやっと到着。歩道が付いていて良かった。

先日も行ったニャチャンセンターで、休憩になるだろうと思いながらホテルを目指して歩いて行きます。

道すがら、珍しいモノを見つけました。日本ではおなじみですが、あまり東南アジアでは見ることがありません。

自動販売機

あら!写り込んでいますが、珍しい自販機です。

結局、ニャチャンセンターで休憩をかねて昼食を取ってからホテルに向かいました。ここで、1時間ほど休憩です。相変わらず賑わっています。前回と同様イスの無いテーブルがポツポツと寂しそうに置かれています。

6~7人のファミリー層が多いので仕方がないとも言えます。

チャンフー通りは今来た道・・・

到着してシャワーを浴びたら、疲れが出てガクッと・・・

バルコニーのイスに座っていたら、心地よい温度で気づいたら外から聞こえる車のクラクションの音をBGMにして眠っていました。

今回、長年使っていたUSBの充電器が壊れてしまっていたので、旅行前に新調しました。さすがに新しい充電器はイイです。QC3.0のクイックチャージが使えるのでXperia XZ Premiumの充電に威力を発揮しました。

Anker PowerPort Speed 4 は、日本のプラグのまま変換せずに、コンセントが使えます。こんな感じで変換器なしで使ってます。

Anker PowerPort Speed 4

Anker PowerPort Speed 4(QC3.0搭載 USB急速充電器)を直接繋ぐ。

仮眠を取ってる間に、相方のiPhone7とともに、100%充電完了していました。

つづく・・・

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。