2、ANA直行便は、新千歳からプノンペンへの正しい行き方を変えた3つの理由

プノンペンから行くサンボープレイクックや南部遺跡の旅【2】Dec. 30, 2017~Jan. 04, 2018

新千歳空港を8時を少し過ぎて離陸した。この時間帯は発着が混み合う時間なのか遅れて離陸することが多いように思う。しかし天候も安定して快適な空旅の始まりとなる。定刻よりわずかに遅れる9時30分過ぎに到着。それでも、到着予定時間9時40分頃というアナウンスよりも早く着陸していた。

乗り継ぎが可能なプノンペン直行便があると言うだけで

国際線へ乗り換えには1時間25分ほどあり、預け入れ手荷物のピックアップも必要がないので余裕ができる。

理由1、即日、国内乗り継ぎができる

たとえば、新千歳からLCCを使った場合は、この定刻9時25分着のANA便より早いフライトは無く、これから乗り継ぎをするプノンペン行き、定刻10時50分のフライトにスムーズに乗り換えられるとは思えない。ーLCCの第三ターミナルからANAの第一ターミナルの移動も必要となると、前泊を覚悟で成田発を使う場合、コスト的にも時間的にも節約にはならないだろう。

成田乗り継ぎ、10時50分発、いよいよプノンペンへ

乗り継ぎ専用保安検査場で「手荷物検査」、「出国審査」へと進む。

出国審査で使える自動化ゲートは、新千歳では採用されていない。

理由2、自動化ゲートが利用できる

もう少し時間があれば、「自動化ゲート」の利用登録をしてみたいと思った。一度登録すると、入出国のときに自動ゲートが使えるので時間の余裕に無い便の場合などには利便性が高い。
自動化ゲートの設置場所は、現在4つの空港で使用できるので、よく利用する空港が身近にある場合や、国内線から乗り継ぎに使う場合など便利なシステムだと思う。
  1. 成田空港(第三ターミナルには無し)
  2. 羽田空港
  3. 中部空港
  4. 関西空港

プノンペンへの直行便は、36番ゲートに待機していた。

約7時間(時差2時間を含む)のフライトは快適である。順調に時は過ぎていく。すでにプノンペン空港の上空に差しかかっている。キャビンアテンダントから到着時間のアナウンスと注意事項が知らされる。

『プノンペン国際空港の上空からの写真撮影は禁止されている。』

官民共用の空港がその理由とも思えるが、1993年国際連合の主導のもと政治的な安定が計られて25年ほどの歴史がそうさせているのかも知れない。

Phnom Penh International Airport

プノンペン国際空港に到着

ビザありか、ビザなしか

いつもと変わらない姿?e-VISAで取得済みなので足取り軽やか・・・

空港内に入ると「arrivals」の表示に向かって進んで行きます。または、手荷物受取所を示す「baggage reclaim」とか「exit」の表示に従います。

そのまま進んでいくと、階下に降りる「 arrivals」が出てきます。人気の通信キャリアの「Smart」の広告看板が印象的です。

Smart 4G

カンボジアの通信キャリアSmartの4Gの看板、プノンペンでは特に若者に人気でした。

ここまでくれば、入国審査です。ビザを取っていない方は、道なりにまっすぐ進みます。その点では、到着後にVOA(visa on arrival アライバルビザ)の申請場所に迷うことはないようだった。

同じANAの便で到着した人もアライバルビザの申請の方に向かっていました。その後にわかったのですが、この時間帯は入国審査もさほど人数が多く無かったので、ここからシェムリアップ等に乗り継ぎでも接続する国内線にもよりますが現地取得でも良いかもしれません。

私達は、e-VISAを前もって取得済みなので「Visa prior to arrival」の案内に従って入国審査へ向かいます。

 Visa prior to arrival

ビザ事前に取得済みなので、こちらへ

「Visa exemption(ビザ免除)」の表示が気になりましたので調べてみました。

そう言えば、ASEAN加盟諸国ではビザ相互免除とかあったはずなので、それが該当するとすれば、カンボジア入国時にビザが免除となっている国々は、

ラオス・マレーシア・フィリピン・シンガポール・ ベトナム・タイ・インドネシア・ブルネイ・ミャンマー

この国の方達は、表示にある「Visa exemption」にそのまま向かうのでしょうか?

日本人はこのカンボジア他、ミャンマーに入国するときにビザが必要ですね。

(インドネシアは、空路で日本からの便から直接ジャカルタに入国する場合など、ビザ免除の規定が緩和され必要なくなりました。ジョグジャカルタの旅行記で調べました。)

1.ボロブドゥール遺跡のある街ジョグジャカルタへ                                                       クメール遺跡ボロブドゥールの旅【1】Apr 28, 2016~May 04, 2016

入国審査も無事終わり手荷物をピックアップ

e-VISAを印刷した、二枚持参のうち一枚と、機内の中で記入済みの「入出国カード」、パスポートの三点を渡します。暫くするとパスポートと入出国カードの半券「出国カード」を挟んで戻ってきます。

並んでいたときe-VISAの人でも、指紋の採取があったのですが何事も無くあっけないほど早く終わってしまいました。

機内で記入済みの「税関申告書」に「申告なし」をチェックを記載してサインしたモノを提出して晴れて入国の実感です。

両替なのですが、前回の2014年のシェムリアップで残った「ドル」と、そのドルのおつりカンボジア通貨「リエル」も残っていたので、

「リエル」に両替したらどうなるか?
と言うようなお馬鹿さんの実験をすることにしました。
とりあえず、20,000円を「リエル」に。。。。。
スマホの通貨換算アプリでみると、当日1ドルに対して約4,033リエルという状態でした。両替のレートは、さらに悪くて3,000円強価値を失いました。
結果としては、シェムリアップでもそうでしたが「ドル」で支払いをする方がプノンペンでも都合が良いようです。
リエル(KHR)は、円(YEN)に戻せない?ので、ドルにしましょう。そして、本当に使う事になってみると、1ドルに対して4,100リエルとしている所がほとんどでした。
10$(ドル)×2=20$と言われて、50,000R(リエル)×2=100,000Rを支払った場合、82,000Rのおつりが18,000リエルなんだが、紙幣が旧紙幣と新紙幣か混在して正確なおつりかを2~3分見返すことも・・・。簡単に計算ができるドルが絶対便利です。

手荷物を受け取ると両替所があるので便利。成田経由なら日本でドルに両替してくる方が良いかも

カンボジアでは、通貨がリエルとドルが共存していますので、こんなレシートで明瞭会計が多いです。
ブルーパンプキン

最終日にトンレサップ川沿いのスィーツ店ブルーパンプキンのレシート

5.77ドルでリエルに換算するレートは4,100なので「23,657R」と出ています。この時は最終日とあってドル紙幣で6$支払いました。おつりはリエルで戻ってきました。^^;

暗くなる前に空港の外へ

理由3、その日の明るいうちに到着できる
海外を経由して東南アジアへ入る場合、いつも乗り継ぎ時間を考える。朝早く新千歳を飛び立っても、接続に4~5時間などで目的地には、夜になってしまうこともしばしばある。
ベトナム「ダナン空港」へいく乗り継ぎで4時間ほどあったので、 ソウル仁川国際空港で行っている「トランジットツアー」に参加したこともある。
1、新千歳からベトナム・ダナンへ 今回は仁川トランジットツアーに参加してみた。      ダナンの旅【1】Sep 19, 2015~Sep 23, 2015
また、目的地へ行く前に前泊するなら、大型連休を使っての旅なら海外の方が安い場合も多く有利だったりする。これなら、午後の早いうちに目的地へ到着も可能。しかしながら、前泊する場合は目的地へ到着までに1日使ってしまう。
せっかくの貴重な連休の時間を費やすにはもったいない。その日にもう一つの目的を持ちたくなるのが心情。
以前、ベトナムホーチミンへの前後に台湾の高雄空港と桃園空港を使ったの旅行記に詳しい。
12,ホーチミンから桃園へ、空港MRTが開通したというのでさっそく乗車体験   ドンコイ通りを目指してホーチミンの旅【12】May. 02, 2017~May. 07, 2017
夜になる前に空港に到着できると、両替所の営業時間も気にしないですむし、もう旅行の絶対条件になっているネット環境の維持に必要なSIMカードの購入もキャリアの営業中にできる。
空港を出ると、はじめてプノンペンの景色が目に飛び込んでくる。夜暗くなってからは体験できない視界がある。
Phnom Penh International Airport

プノンペン国際空港を出る、日差しがまぶしくこれからの数日間の新しい世界が広がるような・・・

また、ホテルにチェックインしたあとも、その日の夕食から現地の食事を食べる楽しみがあったりする。今回は、ホテル送迎プランだったので、その迎えの対応もスムーズ。ホテルの対応は素晴らしい。
ANAの到着から、空港を出たのが1時間を過ぎた頃、ドライバーはどのくらい待ったのだろうと恐縮する。

今回は、予約時にホテルからの送迎付きプランだった。

幹線道路に出ると、ベトナムなど東南アジアでみる光景のひとつバイクのライダーの多さが目に飛び込む。それが交差点などの渋滞原因のひとつとすれば、開発が進む道路工事と周辺の工事がもう一つの渋滞の理由だろう。

道路の拡張工事なのか急に一車線道路に・・・

明るいので、その状況が手に取るようにわかる。交通行政もなんとかなるように思うレベルだが、増加する車両台数に追いつけないようにも思える。

まだ.本格的には渋滞になっていないが、プノンペン市街から夕方5時を過ぎると空港間は1時間以上かかる。

いくつかの渋滞を経験しながら、40分ほどでホテルに着いた。周りには昔ながらの店が並び賑わっている通りに、背の高い建物がスーッとそびえているといったロケーションだった。

この貴重なフライトスケジュールがあったからこそ

ほっと一息ついて感じたことがある。こんな時間にホテルにいる。実際に新千歳空港からペノンペンまで振り返ると、これほど体力的に楽な状態は少ない。日本からの直行便の良さだと思うが、地方空港からの乗り継ぎのスムーズな導線があるからこそと思えてくる。
理由の3つは、意外と単純な事なのだが、まとめると「貴重なスケジュール」なんだと思う。
  • 理由1、即日、国内乗り継ぎができる
  • 理由2、自動化ゲートが利用できる
  • 理由3、その日の明るいうちに到着できる

この時間帯なら、部屋に入ったあと早々にトンレサップ川沿いにでも行って、カンボジアの夕食を堪能できそうだ。

トンレサップ川に浮かぶ屋形船、ゆっくり陽が沈んでいく。

つづく・・・
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。