神威岬リベンジ 2020.0816 | テクテクと。

神威岬リベンジ 2020.0816

「しゃこたんブルー・リベンジ編」 Aug 16, 2020

今日は開門されていました。

今日は開門されていました。

前回は、強風のためにゲートが閉まっていたため、岬の先端までいけませんした。
さて今回は風もなく天気も晴れています。取りあえず行くことにします。

後志道が開通したので行って来ました、その3「神威岬」
定番はずれのマイナーな場所【3】Jun 06, 2019 今回、積丹への旅は続けて3回目となります。一番有名処の神威岬です。 それは、マ...

あいていて良かったー神威岬

前回は、「もし車を使わなかったら?」というもう一つのテーマを考えた旅でしたが、この新型コロナウイルスによって、むしろ公共の交通機関よりも自家用車やレンタカーなど、個々の空間を維持する傾向になっているのは皮肉なものです。

実際、公共機関を使って札幌から神威岬に行こうとすると、「駅すぱあと」で検索するとこんな感じになります。

JRとバスの乗り継ぎ時間がもったいない。

JRとバスの乗り継ぎ時間がもったいない。

今回も車なのですが、後志道を使って余市経由で来ています。最後の海水浴シーズンでもあり、積丹方面への道路は混み合うのですが、人出は明らかに少ないように思えます。新型コロナの影響でそれぞれの観光地の賑わいがないです。

新型コロナの影響で随分収益が落ちて経済が冷え込まないか心配です。

岬の先端までの案内板があります。登り降りの高低差を示すものがないので、女性はハイヒールで向かう人もいますが、その場合、登りより下り坂が辛いと思います。動きやすいスニーカーなどをオススメします。

シャコタンブルーの色を表現すると、写真の明るい部分の色に近いと思います。

このコントラストの色を見ると「青は藍より出でて藍より青し」を思い浮かべます。

このコントラストの色を見ると「青は藍より出でて藍より青し」を思い浮かべます。

「青は藍より出でて藍より青し」は、いつのまにか師と仰ぐ人を越えていくたとえです。ーー神威岬には関係がないことですが・・・

もう完全な廃道になっていますが、昔は海岸線に沿って神威岬へのルートがあった記憶があります。落石などで使えなくなったはずです。

この食堂の脇からだった記憶があります。

この食堂の脇からがスタートだった記憶があります。ー今は道はありません

積丹のウニは8月一杯が漁の解禁期間ですので、この時期はシャコタンブルーと前浜のウニを求めて観光に訪れる人が多い時期です。特に休日などでは地元のウニを食べるなら昼食時間くらいまでがいいようで、売り切れまでが早そうです。

このウニの解禁時期だからと言って、食すこと無く帰ってくるのですが、意外と並ばずに済むようなので適当なところへ入店しました。

山道は往復で1時間位かかりました。

駐車場はマイカーで入れ替わりながらも満車です。

駐車場はマイカーで入れ替わりながらも満車です。

休日にもかかわらず、圧倒的に少ないのは観光バスでした。昨年は国内外の観光客を乗せた10数台のバスがバス専用駐車スペースに駐まっていましたが、今回は1台も目にすることはなかったです。

白い灯台のあるところが神威岬の先端で、そこまでトレールします。

白い灯台のあるところが神威岬の先端で、そこまでトレールします。

最初は、下りが続きますが、帰路となる復路はもちろん登りです。

整備された順路を進んでいきます。柵の中であれば危険は少ないようです。直射日光をどの方向からも受けてしまいます。風が少ないので通れるので暑いです。帽子をかぶるとか、水分補給用にペットボトル1本だけでも持ち歩くだけで違います。

陽射しを遮るものがないので、日焼けや歩行になれない人なら熱中症が心配です。

陽射しを遮るものがないので、日焼けや歩行になれない人なら熱中症が心配です。

最後の登りですが、帰路の人達の中には下りの急斜面(階段)に靴によっては手こずる場面もありました。歩きやすい靴がオススメです。

神威岬先端部の目標物の「灯台」に到着しました。

神威岬の先端です。晴れているのできれいです。

まだまだ、岬に向かって来る人がいます。戻りも細い通路が続くので渋滞になりながらも譲り合いながら進んでいきます。この平和な感じは久しぶりかもしれません。

これで、しばらくは「積丹(しゃこたん)ブルー」もいいかな!というところで、昨年のリベンジを終えて帰ります。

それにしても、今年は人出が少なく感じます。帰り道はほとんど渋滞もなく走り抜けることができました。また、海水浴場付近からの車の出入りの少なさも目立ちます。

夕陽がきれいな浜中のキャンプ場も一頃ほどの賑わいを感じず、国道5号線沿いの蘭島海水浴場に隣接した温泉施設もクローズとなっていました。

海外からの観光客がいなくなったので、日本の観光地らしさが戻ってきましたが、反面この経済としての落ち込みはレジャーの人気(ひとけ)でも見えてしまいます。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)