【仙台旅行記】仙台まるごとパスを有効利用して大崎八幡宮へ

大崎八幡宮は七夕と茅の輪くぐり

大崎八幡宮は七夕と茅の輪くぐり

 

July 17,2021~July 19,2021

山寺の階段を登りサイボーグ009に会いに行く旅【3】

山寺のモデルコースを参考にすると、奥の院から下山時に開山堂・納経堂、五大堂とまわるほうが効率がいいが、すでに見ているので下山は仁王門への階段を下りていきます。

山寺下山に思う、煩悩は・・・

仁王門の周囲は日影になるので、それぞれ休憩処?になっている。

仁王門の周囲は日影になるので、それぞれ休憩処?になっている。

木々が作る日影のおかげでだいぶ助かっていますが、暑さで疲労感がでています。登山者は一定の場所以外はマスクを外しています。TPO(Time(時間)、Place(場所)、Occasion(場合))が守られています。

 

さすがに抜苦門(ばっくもん)がある下山口までは、20分ほどで下りてきました。

山寺、立石寺の本坊に向かいます。

山寺、立石寺の本坊に向かいます。

ここまで、平静を保っていたとしても1,015段の階段を上って煩悩が解き放たれたとしても、凡人に最後の試練を与えます。

抜苦門は、三つの通り道があります。ベトナムなどでは、真ん中は神とか仏・時には王の専用の門として、左右のどちらかを使うことが多いはず。ところが、ここに来て「邪念」を試されてしまいます。

なにが正解なのかはわかりませんが、執着心が新たに生まれたのか、元々あった煩悩や欲がすっかり呼び戻されてしまったのか迷うところです。

参詣者の苦悩を抜く、という抜苦門ですが・・・

参詣者の苦悩を抜く、という抜苦門ですが・・・

左から祈願「長命」・中央が「福徳」・右は「出世」と人間の三大欲をくすぐってきます。

1,015段の煩悩の瓦解と苦悩を抜いてくれる門。最後に凡人はあれこれと迷います。

どこをくぐり抜けたかは内緒にしておきます。

仙台まるごとパスは、仙台から、ここJR山寺駅まで使えます。そこで、快速に乗るか、普通を選ぶかで駅からのアクセスが大きく変わってしまうことに気づきました。秘境駅巡りをするなら普通で隣駅の「面白山高原駅」にも立ち寄りたいところですが、快速が停車する駅からのアクセスを考えます。

山寺を後にして大崎八幡宮へ

仙山線から最寄りの駅から大崎八幡宮に行くには「東北福祉大前駅」で下車するのが近いようです。そこからは、徒歩で20分くらいと思っていました。

山寺駅の待合室は冷房が効いていて熱った身体をアイシングしてくれます。

山寺下山口から少し急ぎましたが12:17発に充分間に合います。

山寺下山口から少し急ぎましたが12:17発に充分間に合います。

復路も偶然ですが、快速に乗ることができました。

この快速に乗ることで、山寺の下山後に駅周辺で昼食ということも考えましたが、せっかく仙台に来たから「牛タン」を食べたいという欲に駆られていきます。(もう煩悩です!)

そうしたら、検索にも熱が入ります。歩く予定だったのをなんとか変えられないかと 必至にさがします。

仙台まるごとパスを2日間で有意義に使いました。

仙台まるごとパスを2日間で有意義に使いました。

 

仙台まるごとパスの利用できる路線図には、仙台市営バス路線に「大崎八幡宮前」と観光シティループバスである「るーぷる仙台」が、交わるようにバス停があることがわかりました。

東北福祉大学駅があるおかげで、バス路線がつながりました。

東北福祉大学駅があるおかげで、バス路線がつながりました。

それは、仙山線に乗りながらもバスの路線を考えています。

どのような路線なのか知るのにJR東北福祉大前駅の階段を降りてから再検索。

どのような路線なのか知るのにJR東北福祉大前駅の階段を降りてから再検索。

さすがに、5分以上遅れて来ましたが、乗車して徒歩を使わないで良かったと思いました。たった3駅のバス停ですが、意外と細い道で距離も長く感じます。

仙台七夕と八幡宮

長い参道の前にある大鳥居

長い参道の前にある大鳥居

バスが大崎八幡宮前に到着してまもなく、「るーぷる仙台」のバスも到着します。降車する人達が増えてきます。

もちろん乗車する人も並んでまっていました。一応乗車時間を調べて境内を進みます。

七夕飾りが参道を彩ります。

七夕飾りが参道を彩ります。

札幌と同じように、8月7日が七夕なのでしばらくはこの参道を楽しめます。また、作並街道という石碑があり、朝までいた作並温泉を越えて山形の天童市まで抜ける街道が、点と線になり目の前にあるのが不思議な気持ちにさせてくれます。

作並街道の石碑

作並街道の石碑

この道は以前、市電が走っていたというから、昔から主要な道だったと感じさせます。

階段も気にならなくなっていました。

階段も気にならなくなっていました。

階段を上がると「三之鳥居」が見えてきます。

三之鳥居

三之鳥居

表参道の手水舎の横に「茅の輪くぐり」がありました。

6月30日大祓式は「水無月の祓(みなづきのはらい)」と言い、茅の輪くぐりが行われています。大崎八幡宮のHPより。

国宝 大崎八幡宮:祭事 水無月大祓式
大崎八幡宮(おおさきはちまんぐう)は宮城県仙台市青葉区八幡にある国宝に指定された社殿を持つ神社です。 杜の都・仙台の総鎮守として伊達政宗公をはじめ歴代藩公はもとより、城下の人々から「厄除け・除災招福や必勝・安産」の神として篤く崇敬されてきました。松焚祭り(どんと祭り)の裸参りは仙台の風物詩として有名です。

くぐり方の作法としては、

1,左側にくぐり、(お辞儀をし左足から)

2,次に右側にくぐる、(お辞儀をし右足から)

3,また左側にくぐり、(お辞儀をし左足から)

 無限(∞:8の字)を三回おこなう。

4,最後に真っ直ぐくぐり抜ける。(お辞儀をし左足から)

これを行ってから、参拝へ。

社殿の手前にある重要文化財「長床」、願い事の短冊が色とりどり

社殿の手前にある重要文化財「長床」、願い事の短冊が色とりどり

七夕の時期限定でしょうか

七夕の時期限定でしょうか

短冊に願い事。コロナの終息を願う書き込みが目立っていましたね。

本殿側から見ると、本来の作りの良さを感じます。

 長床は、割拝殿という中央が通れるようになっている形式。

長床は、割拝殿という中央が通れるようになっている形式。

伊達政宗時代に建てた桃山建築のひとつの社殿。全体の作りは、豊臣秀吉の墓所である豊国廟を参考にしたとされているので、あの参道にある階段もそれに習ったものなのだろうか。

お参りをして戻ります。

お参りをして戻ります。

るーぶる仙台か仙台市営バスに乗るか!

るーぷる仙台は、大崎八幡宮での乗降客の数をみると人気が高い。

るーぷる仙台は、大崎八幡宮での乗降客の数をみると人気が高い。この時間なら13時58分があります。

旅行者にとって悩みどころは、周遊券(仙台まるごとパス)を使ってどのルートを選択するかが悩みの種です。とくに、鳥居の前の両側にバス停が二つあるのは、大いに悩みどころです。

るーぶる仙台は、仙台関前を出発して左周りの循環ですので、後戻りはできません。

次のバス停、龍宝寺に行くなら歩いてもいいけど、頻繁にバスがくる。

次のバス停、龍宝寺に行くなら歩いてもいいけど、頻繁にバスがきます。

そこで、仙台市営バスは時間さえ合えば、いろいろなところを目標にすることができます。早速、作並温泉方面から来たバスが停まりました。仙台駅に行くにもこれに乗車する方が早いかも知れないと思ったりします。

レトロなバスが特徴。

レトロなバスが特徴。

市内を循環しているバスは、旅行者にとってありがたい。仙台のように鉄道・地下鉄とアクセスを可能にするプランは便利です。

松江市の「ぐるっと松江レイクラインバス」を思い出す。
この市内の循環バスもJR駅からアクセスを容易にして私鉄の一畑電車も使える便利さ、さらに、空港へのアクセスも周遊券に盛り込んだ「縁結びパーフェクトチケット」は、今回ここで便利に使っている「仙台まるごとパス」に似ています。
一畑電車・松江しんじ湖温泉駅前にて、2011年5月5日撮影

一畑電車・松江しんじ湖温泉駅前にて、2011年5月5日撮影

このような、旅行者用の交通システムと周遊チケットが札幌市にもあればと思うけど、市電・地下鉄、JRや空港バスなどてんでバラバラなので無理なのかも知れません。

話はそれてしまいましたが、せっかく仙台に来たので牛タンを食べるのを目標にしました。ランチタイムは、諦めていたので仙台まるごとパスにつく「クーポンブック」の掲載店から探すことにします。

仙台まるごとパスのクーポンブックは仙台空港駅改札口で受取ました。

仙台まるごとパスのクーポンブックは仙台空港駅改札口で受取ました。

その中から、『○×駅から徒歩○分』というよなところは、炎天下のなかで歩き回るのでやめようと相方(妻)が言います。そこで、JR駅構内にある「牛たん通り」を目指すことにします。

仙台駅に早く着くには、るーぶる仙台に乗車して次の「国際センター駅・宮城県美術館前」で下車して地下鉄の東西線「国際センター」駅で乗り継ぐ方法があります。しかし、思った以上にバスが混み合っています。

混んでいます。

混んでいます。

さらに、大崎八幡宮での乗車する人が思ったよりも多いので仕方が無いので、奥に詰めて仙台駅までそのまま乗車することにしました。

牛たん通り」は、仙台駅3Fの北側に位置しています。クーポンブックにあったこの通りが5月にリニューアルした時に新規で入った、老舗の牛タン店「牛たんと仙台牛伊勢屋」に入ることにします。

私はシンプルに牛たん定食にクーポン特典のビールを

私はシンプルに牛たん定食

ここでのクーポン特典は、ワインとウーロン茶です。ビールでもいいとのことなのでこの暑さのなかで、身体に心地良い苦みが染み渡ります。

ステーキ丼にウーロン茶をつけてもらった相方

ステーキ丼にウーロン茶をつけてもらった相方

おなかが満たされたところで、今日の宿泊するホテルにチェックインに向かいます。地下鉄南北線「五橋駅」が最寄りの駅です。仙台まるごとパスも今日で終了なので使用を考えましたが、明日は石巻に行くのに同じ仙台駅に徒歩で行きます。

おおよそ、10分以内ですが道路感覚をつかんでおくとチェックアウト時間が決めやすいので歩いて向かうことにしました。

部屋からの眺めは、新幹線の発着が見られる壮観な部屋でした。

明日の旅行最終日も、スマホには熱中症注意の警告がでています。今日以上の気温になりそうで、多少予定を変更しないとならないかな、と思っています。

石巻駅は石ノ森章太郎ワールド

石巻駅は石ノ森章太郎ワールド

今回の旅の目的でもあるサイボーグ009のふるさと(勝手にそう思っている)石ノ森漫画館は外せないのですが・・・。

 

つづく。

icon
icon仙台駅周辺の温泉付きホテルおすすめ。
icon

コメント

タイトルとURLをコピーしました