2.バンコク制限エリア内から乗り継ぎでは、SIMカード購入できない!

プーケット、雨季と言っても時々刻々美しいリゾート【2】Aug 11, 2016~Aug 16, 2016

※朝早く

※朝早く窓からの天気の様子。

 いつものように新千歳空港近くのパーキングに入庫する。空港専用の駐車場は便利であるけれど、時間加算料金のため価格が2倍近くになってしまう。パーキングの送迎バスによる送り迎えは、人数が集まってから相乗りしていくので時間が多少かかるデメリットがあるが、便利である。

タイ航空でまずはバンコクへ

 朝7時前には国際線のターミナルビルに到着。まだ、今回利用するタイ航空のTG671の10時30分発の搭乗受付にはまだ早い。

※国際線ターミナルから国内線に隣接する空港駐車場

※国際線ターミナルから国内線に隣接する空港駐車場

「搭乗受付が終わったら、国内線側に行って軽い朝食食べない」
相方は国内線フロアの方が、朝のこの時間は賑わっているのを知っていてる。

私の方は、大いに賛成なのだが、ついでに
「本屋に寄っていこうかな?フライト時間の暇つぶしに」 と言い返すと・・・
「あれっ?電子書籍ダウンロードしてなかった。」

「そうなんだけど、フライトが747なので、USBの充電が機内でできそうもないので・・・」
「USBついてないなら、バッテリーでいいじゃない。」
「そうなんだけど、無駄に消費したくないから。やっぱりKindleもってくればよかったな。迷っているうちに忘れてきた」

国際線ターミナルから連絡通路を通り、国内線ターミナルビル2Fのほぼ中央右に比較的こぢんまりしたスペースで紀伊國屋書店がある。

早い時間というのに、小さな店内は、ところ狭しと人がいる。空港という性格上で本屋内の滞在時間は短いのだが、着実にレジは動いているようだ。

気軽な雑誌にでもしようとおもったが、世界情勢や日本のことがわかりやすく解説してある「池上彰氏」の新書版が並んでいた。このシーリズは、毎年出ていてこの最新版はKindleにもダウンロードしていなかったので購入することにした。

ボーイング747は、やっぱりいいな

バンコクまでの空路は実に快適であった。
もう日本のレガシーキャリアは、その使用を終了して久しいがBoeing747ジャンボジェットは、高校時代の頃から憧れのジェット旅客機であった。主翼の左右に2つのエンジンがついて安全とか、色々と親しみやすさがあった。

予定より少し早く着いたようだ。チェンマイの乗り継ぎに使った以来のスワンナプーム国際空港である。

※久しぶりのスワンナプーム国際空港、心配していた雨?も杞憂に終わり「晴れ!」

※久しぶりのスワンナプーム国際空港、心配していた雨?も杞憂に終わり「晴れ!」

タイのトラベラーズSIMカードは、制限エリア内で購入できない・・・

いつものように、トランジット方向を目指して、注意深く歩く。なぜかと言うと、記憶ではこのエリアにはSIMカードの販売しているところはなかったと思っているのだが半信半疑である。私のようなSIMカードが必要な者は、この制限エリア内で少ないのだろうか?。

※国内線乗り継ぎの方向へは、案内表示でわかりやすい。

※国内線乗り継ぎの方向へは、案内表示でわかりやすい。

購入する方法として確実なのは、バンコクで一度入国審査の手続きをして出る。そのすぐ目の前の到着フロアにあるでキャリアのSIMが販売されている。その事は、以前タイのバンコクで入国して世界遺産アユタヤに行った時に確認している。しかし、3時間を切っている乗り継ぎ時間では、危険な気がする。

 SIMカード購入にかかる時間は、ここからじゃ混雑具合もわからない。バンコクで入国するのにプーケットの滞在ホテル名を記載した入国カードによって、事情を聞かれるかも知れない。そうなると入国審査も思った以上の説明力が必要で、時間がかかるだろう。



 素直に、国内線に向かうのがいいのだろう。一応国内線でSIMカードの購入が可能かも聞いてみるが可能性は低い。仕方がないので、空港内のFree WiFiにつなげることにする。ネットが思うように使えない状態は、心身ともに疲れる。

こんな時は、事前に日本で購入する方法もあるタイで7日間3Gデータ通信&100B分の通話付きなら、安心感が違う。

また、旅行日数が8日間以内に収まり、タイの現地で設定が不安なら日本からでも使えるSIMがあります。

AIS 周遊プリペイドSIM

AIS アジア14カ国 周遊プリペイドSIM 4GB 8日間 4G・3G

アジア14カ国 周遊プリペイドSIM」と呼ばれるもので、タイのみで使えるSIMに比べてちょっとだけ割高ですが、日本で設定する事ができます。

旅行前日か当日、日本国内にいる間に国内の指定キャリアsoftbankにつなげてしまえば、あとはタイに入ってもAISで使用できます。周遊プリペイドSIM 4GB 8日間 4G・3Gデータ通信通信無制限 を使えばタイ国内でSIM探しの無駄な動きをする事もなく乗り継ぎができます。

SIMは標準・micro・nanoサイズにカットできるし、セットアップ用の説明書がついてくるので、安心。

スワンナプーム国際空港内のFree WiFiのつなげ方

こんな時は、空港内のFREEWiFiに頼るしかありません。

その設定の仕方です。

@AirportTrueFREEWiFi」につないでおく。

さっそく設定に必要なのは、「パスポートナンバー」なので少しためらう。

スマホの設定画面から「Wi-Fi」のネットワーク名で@AirportTrueFREEWiFiを選択すると、サービス画面「AOT Free WiFi・・・」が立ち上がってくるので、自分自身の情報を入れていくと「Register Saccess(成功しました)」の画面に、
自分で入力した、User namePasswordが表示されているので後はログインするだけ。

設定が終わったあと、相方のiPhoneも同様に接続します。このような操作にはApple社製のインターフェイスの方が使い安く感じます。

「簡単ね!」と相方が言いながら AndroidのXperiaとは画面が違うだけで、すぐに設定が終了です。

 これで、ようやく安心できます。ネットが自由にないと不安になるのは海外旅行に行くきっかけの一つが、インターネットがあるからです。

タイのSIMの販売所で多く人が並んでいるキャリアは【TRUE MOVE】 なのでAISやDtacより人気です。これも日本で用意しておく事ができます。

Transfer to Chiangmai , Chiangrai, Krabi, Phuket, Samui」の表示に向かって乗り継ぎエリアに向かいます。

※右側がタイ航空とバンコクエアウェイズの乗り継ぎエリア。

※右側がタイ航空とバンコクエアウェイズの乗り継ぎエリア。

INTERNATIONAL BAGGAGE CLAIMの意味ーもう間違わないぞ!

ここで、手荷物の受け渡しは「インターナショナル」側ですよ!というシールを貼ってくれる。以前チェンマイに行ったときに、国内線の手荷物のレーンで永遠待っていたことがあるので、ここは注意。

※プーケットに着いたら、インターナショナル側で受取してね!ってことです。

※プーケットに着いたら、インターナショナル側で受取りしてね!ってことです。(いつかと同じ服)

スワンナプームの国内線側は、入ってしまうと小さな空間なので軽食を食べることにします。インフォメーションでさっそくSIMカードのこと聞いたのですが、『購入できるところは国内線のエリアでは無い』と言われます。

先ほどのフリーのWi-Fiは、国内線の方が混み合っていて途端に速度が落ちています。利用者が多いので仕方がありません。

さっきまで晴れていたのに、激しい雨が・・・

そうこうしているうちに、TG221便プーケット行きの時間が迫ってきました。外を見ると雨季らしいスコールです。バンコクとは気候は違うとはいえ、プーケットの天候が気になってきました。

※相当な雨の量です。これから行くプーケットはどうなんでしょうか?

※相当な雨の量です。これから行くプーケットはどうなんでしょうか?

 離陸まで少し待たされましたが、順調に飛行してプーケット国際空港に到着しました。

手荷物の受取場所を間違わないように・・・

つづく・・・

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。