>>『Amazonのタイムセールで、お得を見に行こう!』

自分流国内旅行と世界旅行

スポンサーリンク
SIMフリー

沖縄バス旅6ーモバイル通信と写真アップロード【番外編】

Dec 31, 2023~Jan 04, 2024 沖縄のモバイル通信状況を調べてみた。 バスを使って古宇利島を巡ってきた昨日、今日は那覇に移動して首里城を見る予定ですが古宇利島を例としてネットの通信環境を振り返って見ようと思います。 レン...
バス旅

沖縄バス旅5-四島線に乗り継いで古宇利島周遊【3】

四島線から空港線に乗り換える時 四島線、古宇利島物産センター前から出発するのは、これが最終便となります。そのため、往路で空港線からの乗換した、本部博物館前のバス停を使う事ができません。 その最終便は、今帰仁村役場前が終点となり、ここで空港線...
バス旅

沖縄バス旅-4:四島線に乗り継いで古宇利島周遊【2】

Dec 31, 2023~Jan 04, 2024 古宇利島アダムとイブ-人類創世伝説「恋の島」 古宇利島は別名「恋島」というだけあってこの正月の期間でも観光地として人気が高く、沖縄の人もドライブコースになっているようだ。 レンタカーで来る...
バス旅

沖縄バス旅-3:四島線に乗り継いで古宇利島周遊【1】

Dec 31, 2023~Jan 04, 2024 古宇利島を一周したい! ローカル線のバス停は、思った以上に外国人が多い。日本国内の旅行と言えばレンタカーを思い浮かべるが、自分が海外へ行った時、あえてレンタカーを使うかを考えると、今待って...
バス旅

沖縄バス旅-2:元旦初詣と路線バスでブセナ海中公園へ

Dec 31, 2023~Jan 04, 2024 沖縄の元旦 旅の計画時の話と前後しますが、沖縄観光と言えばレンタカーを使ったドライブ旅行がガイドブックでも定番の編集となっているよう。交通網が緻密に網羅されているわけでなく、交通機関を使っ...
バス旅

沖縄バス旅-1・ エピソード1(いかに車を使わずに旅ができるか)

Dec 31, 2023~Jan 04, 2024 旅の始まり-雪の世界から いつもと違うのは、新千歳空港までの行き方。普段ならマイカーでを使うのが常となっていたが、ここ数年、天候や事故などで途中、高速を下ろされたりすることを想定して、時間...
三陸鉄道・東北の旅

【青森・久慈・宮古へ鉄道の旅】東北西半分ぐるっと巡り・不来方(こずかた)【2】編

子供の日の祝日ということもあり、多くのの人が訪れていました。 まずは手水舎からです。 この少しだけ開放されてきた手水舎を見て、泉谷しげる氏の「春夏秋冬」の歌詞を思い出しました。 長く険しく強いられた新型コロナ対策が令和5年5月8日以降に5類...
バス旅

【青森・久慈・宮古へ鉄道の旅】東北西半分ぐるっと巡り・不来方(こずかた)編

Appil 30,2023~May 05,2023 いよいよ、東北の旅も最終日、お気に入りの盛岡の酒蔵会社の工場見学を予約しています。ここでしか手に入らない日本酒を購入してみたいと思っています。 旅の最終日、20時35分にはJR札幌駅に到着...
三陸鉄道・東北の旅

【青森・久慈・宮古へ鉄道の旅】東北西半分ぐるっと巡り・さんりくトレイン宮古編

Appil 30,2023~May 05,2023 この「リゾートあすなろ」は、5月2日に恐山へ行く時に使った「大湊線」、八戸~大湊を走る観光列車「リゾートあすなろ下北」と同じ「リゾートあすなろ」の車両を使っています。 この「あすなろ」の車...
バス旅

【青森・久慈・宮古へ鉄道の旅】東北西半分ぐるっと巡り・浄土ヶ浜編

浄土ヶ浜ビジターセンターの建物から海岸へ下りて行きます。さっぱ船で行く「青い洞窟」は人気が高くもう受付を一時停止している。浄土ヶ浜の滞在時間は限られているので諦めて「浄土ヶ浜海浜」へ海岸線を歩いて向かうことにした。 Appil 30,202...
三陸鉄道・東北の旅

【青森・久慈・宮古へ鉄道の旅】東北西半分ぐるっと巡り・三陸の味編

宮古まで来たので、浄土ヶ浜を抜きに旅を終える訳にはいかないと言い聞かせて宿を選ぶ。もちろんこの場所まで当日(5月3日)に来ることは可能でしたが、一つだけ見ておきたい場所がありました。そこに行くには、最適なホテルがあったのです。 Appil ...
バス旅

【青森・久慈・宮古へ鉄道の旅】東北西半分ぐるっと巡り・宮古編

宮古市の「逆さ公孫樹(さかさいちょう)」は、横山八幡宮の新官が阿波の鳴門の大鳴動を鎮めた功績から「宮古」の地名をもらい、帰路持っていた杖を地面に差して根付いたのが「逆さ(公孫樹)イチョウ」だったと言われている。 Appil 30,2023~...
三陸鉄道・東北の旅

【青森・久慈・宮古へ鉄道の旅】東北ぐるっと巡り・龍泉洞編

Appil 30,2023~May 05,2023 日本三大鍾乳洞の一つで天然記念物に指定されている龍泉洞です。他の2つは山口県の「秋芳洞」と高知県の「龍河洞」です。それぞれ特徴がありますが、ここ岩手県の龍泉洞はコウモリの生息で有名です。 ...
バス旅

【青森・久慈・宮古へ鉄道の旅】東北ぐるっと巡り・三陸鉄道編 2

東日本大震災の震災遺構のひとつ「奇跡の一本松(きせきのいっぽんまつ)」は、陸前高田、大船渡線のBRTの駅名にもなった有名な「松」があるが、同じ奇跡の松として枯れずにいる岩泉町小本地区の「未来いつなぐ希望の松」方は、ずっと知名度が低い・・・。...
三陸鉄道・東北の旅

【青森・久慈・宮古へ鉄道の旅】東北ぐるっと巡り・三陸鉄道編 1

北海道の鉄道路線は、廃線が行われバスに転換されていく。その結果残った「地域」は持っていた面影を失い、人がいなくなり活気を失って消滅していく。 1日の乗降客数で鉄道維持を求めるのは、甚だ時代遅れになっています。日本の経済資源のひとつとしてイン...
バス旅

【青森・久慈・宮古へ鉄道の旅】東北ぐるっと巡り・青森編3

日本三大霊場のひとつ恐山へ Appil 30,2023~May 05,2023 慈覚大師円仁の東北ゆかりの地として 比叡山・高野山と並ぶ霊山として、3つ目の霊場恐山が加わる。恐山のことをまたの名を宇曽利山(うそりやま) と言われていた・・・...
バス旅

【青森・久慈・宮古へ鉄道の旅】東北ぐるっと巡り・青森編2

世界遺産の三内丸山遺跡 Appil 30,2023~May 05,2023 縄文時代のムラを形作る遺跡が屋外に整備されている。美術館から徒歩で向かうと坂道を登るので、バス停ひとつといえど時間を合わせる方がいいという人も多いと思う。相変わらず...
バス旅

【青森・久慈・宮古へ鉄道の旅】東北ぐるっと巡り・青森編1

新幹線線eチケットとTOHOKU MaaS Appil 30,2023~May 05,2023 旅路もどんどんペーパーレス化が進んでいます。何となく物理的に持っていた方が気持ちが安心しますが、そんなこと言っていると時代が違うと言われそうです...
トゥクトゥク(ライドシェア)

【青森・久慈・宮古へ鉄道の旅】東北ぐるっと巡り・出発編

モバイルアプリ(Ringo Pass)を活用して出発 Appil 30,2023~May 05,2023 マスクの着用が任意となった事から今回は、国内旅行に旅立ちます。 空港を使うか、駅を使うかで迷います。 この三年間あまり海外渡航ができな...
SIMフリー

iPhone 14proを使ってトリプルSIMで旅をする。【国内準備編】

ずいぶん昔に書いた記事に「もしスマホなどでインターネットが無かったら、海外へ旅行する興味がこんなに沸かなかったかもしれない」と書いた覚えがあります。 現在は、ノートパソコン・タブレット・スマホなどを持って出かけるのが当たり前で、それを接続で...
ふるキャン∞(オールドキャンプギアメンテナンス)

Coleman 200A「パテペン」編『その6』ー【30年目のメンテナンス】ふるキャン∞(Unlimited)

コールマン 200A 1965年9月製造パテンツペンディングモデルの整備 飛行機に乗らないで、マイルを貯める「陸マイラー」という言葉があります。近年キャンプブームでも、実際にキャンプをしないでメンテナンスにいそしむ、メンテキャンパーとなって...
SIMフリー

ふたたび海外旅行へ備えてXperia 1 IIをSIMロック解除する。

次の海外旅行へ備えてXperia 5をSIMロック解除するの記事を書いてから、結局一度も海外のSIMカードを使うことが叶いませんでした。 もうすでに、キャリアで販売されるスマホもSIMロック解除さえしなくてもいいXperiaシリーズもバージ...
ちょっと寄り道

【留萌本線】廃線予定の線路上にある「明日萌(あしもい)駅」に行ってみた。

あしもい駅も上り手前駅「ほろなか(実際の駅:真布駅-秘境駅)」も下りの次駅「ましべつ(実際の駅:峠下駅ー秘境駅)」も現在の留萌本線で当てはめると架空駅です。 廃線となった留萠鉄道の「恵比島・本通・幌新 ・袋地・新雨竜・宝沢・太刀別 ・昭和」...
函館本線:山線

駅をつなぐ、はこだて縄文めぐりパスポートから「はこだて旅するパスポート」に戻ります。

おトクなきっぷとして期間限定「はこだて縄文めぐりパスポート」 「おトクなきっぷ」として発売されている「はこだて縄文めぐりパスポート」、約50%OFFとなって使える周遊きっぷが使えるのも6月30日と、あと僅かになっています。 ※はこだて縄文め...
バス旅

【函館本線】北海道唯一の私鉄「道南いさりび鉄道」に乗車

この「道南いさりび鉄道」、整備新幹線の並行在来線区間を転換した路線に乗車するのは、IGRいわて銀河鉄道・青い森鉄道を完乗した時以来です。第三セクター鉄道というなら間藤駅まで乗車した「わたらせ渓谷鐵道」も仲間に入るかなと思います。(※記事にし...
函館本線:山線

【函館本線】「はこだて縄文めぐりパスポート」を2日間有効活用(後編)

JR「はこだて旅するパスポート」が期間限定名称を変えて半額に!【3】 May 01,2022~May 04,2022 二等辺三角形で作られる屋根、雪の重みを受けにくい特徴があるが全国的にも珍しいと思える駅舎を見たくなって途中下車より歩くこと...
函館本線:山線

【函館本線】「はこだて縄文めぐりパスポート」を2日間有効活用(前編)

JR北海道「はこだて旅するパスポート」期間限定名称を変えて半額に【2】 May 01,2022~May 04,2022 「はこだて縄文めぐりパスポート」は、利用期間「2022年6月30日」で終了です。 ほぼ50%OFFの周遊券は、それ以降「...
函館本線:山線

【函館本線】山線経由は廃線予定!

函館本線山線は廃線間近で完乗を目指して函館へ【1】 May 01,2022~May 04,2022 今では、もっぱら札幌駅から新幹線への乗換駅がある新函館北斗駅へ向かうなら、千歳線から室蘭本線の東室蘭を経由して函館本線へ繋がる特急を選ぶのが...
スポンサーリンク