ハノイで使えるベトナムSIMカードを試してみた!2020年版 | テクテクと。

ハノイで使えるベトナムSIMカードを試してみた!2020年版

2回目のハノイの旅【5】Dec 29, 2019~Jan 04, 2020

本当は東南アジアへ行くなら「周遊SIMカード」が一押しですが・・・

いつもは、アジアへ観光で渡航するなら「周遊SIMカード」が一押しで、現地の空港で購入したりは極力しなように心がけている。というのも価格は、日本で購入して用意するのと現地で購入してもアジアの国ではたいした変わらないという経験と思い込みにもよります。

そのメリットは、

  • 滞在日数がSIMカードの使用期間を超えなければ「日本」で設定か可能。
  • SIMカードを交換するだけで、現地(今回はベトナム)の通信を掴んでくれる。
  • トランスファーなど二国間を経由する場合でもSIMは入れっぱなし。
  • 十分過ぎるくらいの通信容量。
  • 海外で使う通信容量があまったら、期限内なら国内の通信に使える。
  • 今まで繋がらなかったことがない。

この6項目の中でも、最後の「繋がらなかったことがない」が一番の理由です。海外へフリーで行く観光旅行で、ネットが繋がらないほど恐怖はありません。

海外でモバイル通信ができるか。繋がらないリスクが大きい。

海外でモバイル通信ができるか。繋がらないリスクが大きい。

このblogを最初の方から読んでいただいている皆さんは、ご存じだと思いますが英会話も得意でもなく、押しも強くないのでトラブルから回避したり、行きたい場所へもGoogle Mapsと旬な情報を集めて安心するタイプだからです。

東南アジアのモバイル通信なら普段「SIM2Fly」と決めている。

東南アジアのモバイル通信なら普段「SIM2Fly」と決めている。

また、空港に夜着く場合にSIMカードの売場の混雑具合でホテルのチェックインが遅れてしまうこともあります。

もう一つ面倒なのが「iPhone」ならあまり問題になりませんが、SIMカードを購入して設定をまかせる場合、スマホの日本語表示を英語などにして渡した方がスムーズにいきます。

そんな時の設定の仕方です。

持っているスマホ(Android)を英語の表記にする方法。
Android「設定」のアイコンから開く

Android「設定」のアイコンから開く  (1-1図) 参考:のXperia XZ Premiumより

そこから次ぎに進むと言語の変更が可能です。

図では、すでに「英語(アメリカ合衆国)」となっていますが、言語の変更が初めての場合は、「+」をタップして英語を追加します。親切心で、その国の言語にする方法もありますが、SIMカードを販売される人達は、ほとんどの場合英語ができるくらい優秀です。

それ以上に、渡航先のまったく理解できない言語にすると、もとの日本語表記に戻せなくなることがありますので、ここに、言語変更の設定の仕方を図解しておきます。

イザと言う時は、上記(1-1図)の位置から下記の(1-2図)の逆順で日本語に戻してください。

日本語~英語の表記へ (1-2図) 参考:のXperia XZ Premiumより

日本語~英語の表記へ (1-2図) 参考:のXperia XZ Premiumより

このように面倒な事になります。

話がそれてしまいましたが、日本国内でSIMカードを購入してベトナムに出かかることにします。

海外用のSIMカードを国内で購入し、その国へ到着してからのレビューを見るといろいろな形でトラブルが発生しているのが見受けられます。そこで今回、ベトナム専用のSIMカードを日本国内で購入して行くことにしました。

AIS SIM2FlyのSIMカードがベトナムを含む20ヵ国対応で便利なのですが・・・

前回タイ経由でカンボジアのシェムリアップに行ったときの話になりますが、その国の専用SIMカードと言えば、トランスファーの時間が8時間以上ありタイ国内に入国して食事をしようと思い購入したタイ国内用SIMカードでしたが、空港内にいたので使わずじまい。

TRUE MOVE タイ プリペイドSIM 8日間データ通信無制限 100分無料通話付


そこで、友人がタイ旅行に行くというので、期限内であることもあって使ってもらいましたが、まったく問題なく使えたようです。

※アジア周遊SIMカード「AIS SIM2Fly」 は、現在 アジア24ヶ国利用可能 利用可能ですが、発行元であるタイ国内では使えないところに注意が必要です。

さらに、数年前まで「AIS SIM2Fly」は、「14ヵ国とか16ヵ国の周遊SIM」の時代「ベトナム」は入っていなかったと記憶しています。

そのような理由でやむなく空港で購入したのは、ベトナムで最大とも言えるキャリアの「Viettel Mobile(ベトテル)」のSIMカード。それをホーチミンで使用したことがあり、当時4Gとしての性能よりも郊外の地域でも安定していたと思います。

Viettel Mobileでなきゃダメという人もいるが。。。

Viettel Mobileでなきゃダメという人もいるが。。。

使えなかったと言う、レビューがあるから試してみる。

そこで、今回はベトナム専用のSIMカードを日本で購入し通信状態を肌で感じてみようとおもいます。

使えなかった理由は色々あるようですが、スマホがそのSIMカードの周波数(バンド)がないとか、今では無くなりましたが、以前ならSIMロック解除していないスマホに海外のSIMカードを入れていたなんて笑い話がありました。

(そんな時は、日本で契約しているキャリアの国際ローミングを使ってしまい7日間海外にいると通信料20,000円を越える金額があとから請求されることになった、とションボリすることになります)

今回使うスマホとタブレットはいつも使っている、日本のキャリア(docomoとSoftBank)で購入し、その後一定の手続きのもとSIMロックを解除したもので、はじめからSIMフリー端末ではありません。

私のXperia XZ Premiumには「【mobifone】ベトナムプリペイドSIM 30日間 通話付き! 4G/3Gデータ通信6GB」を、相方のiPhone 7には、撮影した写真データをGoogle photoに自動アップロードさせているので、少し容量の大きい同じキャリアの「【mobifone】ベトナムプリペイドSIM 10日間 4G/3Gデータ通信10GB」を使用しました。

mobifoneの 10日間 4G/3Gデータ通信10GB SIMカード

mobifoneの 10日間 4G/3Gデータ通信10GB SIMカードは相方iPhone用に。

mobifoneのSIMカードをあえて違うものにしたのは、通話が付いて30日間の6GBとデータ通信だけで10日間の10GBというだけです。いづれも、多くの容量を残してベトナムを離れました。

約1ヵ月(30日間)を6GBという容量は、その期間滞在してもきっと十分な「ギガ」なのだと思います。節約しようとすれば、日本人が思っている以上のFreeWi-Fiが充実しているからです。

mobifone 30日間 通話付きデータ通信6GB

Xperia XZ Premiumに使ったSIMカード mobifone 30日間 通話付きデータ通信6GB

さらに、iPad Pro10.5inchには、格安の Vietnamobile ベトナム プリペイドSIM 4G・3G 20日利用 データ容量60GB のSIMカードを装着しています。

日本で言うベトナムの格安SIMメーカのVietnamobile。60GBという容量は破格

日本で言うベトナムの格安SIMメーカのVietnamobile。60GBという容量は破格

iPhoneもiPadにしても。自分でSIMを取り替える場合に必要な「SIMカード交換用ピン」をよく忘れている人がいます。クリップを代用するという方法が一番です。

普段使っているクリップがあると助かる。

普段使っているクリップがあると助かる。

ガイドブックを持ち歩く人や記録用のトラベラーズノートなどに「クリップ」を付けておくとイザというときに重宝します。

と言うところで、各スマホとタブレットにいつも通りにSIMカードの入れ換え作業です。一応空港やホテルなど安定したFreeWi-Fiがあるところで設定するのがオススメです。

「mobifone」のAPNの設定

mobifone プリペイドSIM 30日間 通話付き 4G/3Gデータ通信6GB」の設定ですが、一応SIMカードを入れると自動で設定されていました。

そのあと、activate(アクティべイト)のため「900番」へダイヤルだけが必要でした。

一応、「mobifone」のAPNの設定の仕方をのせておきます。

※AndroidのVer9 「Xperia XZ Premium」の設定画面です。

設定のネットワークとインターネットから「モバイルネットワーク」を選択

設定のネットワークとインターネットから「モバイルネットワーク」を選択

「設定」のモバイルネットワークをタップして「詳細設定」の中にアクセスポイント名(APN)がありました。その設定方法です。

※APNとは、Access Point Nameの略です。

mobifoneのAPNの設定です。

mobifoneのAPNの設定です。

最後に「認証方式」のCHAPを選びます。

認証方式は「認証タイプ」で選択肢から選ぶ。

認証方式は「認証タイプ」で選択肢から選ぶ。

そのあとは、電話で「900」とダイヤルします。アナウンスが流れてます。すぐに切ってスマホを再起動します。

通信が安定するまで少しかかったような気がしますが、すぐにネットに繋がりました。

同じキャリアの「mobifone プリペイドSIM 10日間 4G/3Gデータ通信10GB」は相方のiPhone 7にSIMカードを日本のものと入れ替えます。

モバイルデータ通信を「ON」にするだけで、APNは自動的に設定されていました。

あとは、Androidと同様に「900」番へダイヤルします。アナウンスが流れたので一度切って、本体を再起動したら繋がっていました。

ソフトバンク用プロファイルの影響はありませんでした。

VietnamobileのSIMカードをiPad Pro10.5へ

Vietnamobile。60GBという容量が20日間

Vietnamobile。60GBという容量が20日間

これらのSIMカードの入れ換え作業で予想がついていました。きっとiPhone 7と同様で自動設定されるだろうと思っていました。案の定SIMカードを取り替え「モバイルデータ通信」をONにしたら、すぐにAPNも自動設定されていて繋がっていました。

iPad Pro10.5の画像の描写速度にもたつきもなく通信を初めています。グローバルな端末はこんな時便利です。

このSIMカードは日本で購入すると「290円」なんですが、ハノイの市街地では4Gでほぼ繋がっていました。その他「ホーチミン」「ダナン」といった人気の都市は4Gで、近くのハロン湾やフエ・ホイアンなどは3Gとなり、マイナーな場所は2Gになると言います。

ハノイを離れて郊外の観光地はどうだったか

ハノイから50kmほどのドゥンラム村

ハノイから50kmほどのドゥンラム村-伝統的家屋修復プロジェクト

細い小路と昔ながらのラテライトの家屋の村です。

ドゥンラム村の路地

ドゥンラム村の路地

ドゥンラム村へ行く道路を車で走行では、ほとんどアンテナが立っていない事もありましたが、それは多少の違いがありますが、Vietnamobile以外の他キャリアでも似たような感じです。

「ユネスコ文化遺産保全のためのアジア太平洋遺産賞」の村とはいえ、伝統的家屋が象徴的ですが、ことモバイル通信に関しては充実した環境でした。

ドゥンラム村村に着いてしまうと「mobifone」4Gと同様繋がっています(Vietnamobileは多少遅い速度かもしれません)。それもそのはずで、この小さな村といえど普通に生活している人がいて、社会としてのインフラが整備されていて当然とも言えます。

もう一つの観光地、「陸のハロン湾」と言われる世界遺産のチャンアン景観複合体のなかでボートクルーズはどうだっただろうか。

ボート乗り場や受付、レストランなどは、3Gで繋がっています。また、周辺の道路にでると途端にアンテナが1本とか2本になる場所があります。

世界遺産のチャンアンの手こぎボートクルーズ

世界遺産チャンアンの手こぎボートクルーズ

手こぎボートの旅でありこのようなところまで来ると、なかなか電波を掴むのはむずかしく、圏外に多く出会います。特に通信が必要となる場面ではありませんが・・・。

もちろんいくつかの洞窟にボートは入っていきます。頭がぶつかるくらい低い場所がありますから。ヘルメットの着用は必須です。

洞窟の中です。

洞窟の中です。

このような洞窟のなかに入ってクルーズしましが、このチャンアンボートクルーズ上でのモバイル通信は、ほとんど圏外でした。

このように、郊外の観光地に行くとそれなりの受信感度であったり、速度が出ないこともあります。

ホテルでは、Wi-Fiを使わずモバイル通信のままで快適

今回、最初のうちはホテルのWi-Fi設定はしましたが、すぐに三台ともモバイル通信にのみに切り替えてしまいました。

やっとホテルに着いてベトナムのSIMカードに交換中!三台ともあっけなく。

やっとホテルに着いてベトナムのSIMカードに交換中!三台ともあっけなく。

ハノイの旧市街の中心からは外れますが、ホテルの室内でもモバイル通信は快適でした。また、ホテル内が混雑時間する夕方からのFreeWi-Fiは、モバイル通信に比べて速度が遅いようでしたので、ずっとSIMカードを交換以来モバイル通信でした。(※通信容量を節約する必要が無かったのと、4Gで快適でした)

ハノイの名所旧跡近くのモバイル通信は当然快適でした。

タイ湖(西湖)周辺で通信で困る事はありませんでした。

チャンクオック寺は、シティツアーバス(赤・黄バスともに)や電気カーの乗り場になっていて多くの人が集まる場所です。この付近は見通しもよく高級ホテルも近くにあるので、モバイル通信にまったく問題はありませんでした。

チャンクオック寺

チャンクオック寺

タンロン遺跡の旧ハノイ城側では無く、遺跡の発掘展示内も通信に当然支障はありません。

入場券を購入して自動改札機に入れて入場。パンフは間違えて中国語。

入場券を購入して自動改札機に入れて入場。パンフは間違えて中国語。

遺跡発掘現場はこんな屋根付きで管理されています。

旧市街にあって、ひときわ静寂な環境にある「文廟」です。

もちろんモバイル通信になんの問題もなかったです。格安SIMのVietnamobileも、ベトナムで4Gを最初に普及させたmobifoneにしても、ひとまず、私達が行った場所では普通に使えていました。

相方のいたずら・・・ホアンキエム湖より

相方のいたずら・・・ホアンキエム湖より

ホアンキエム湖はもちろん人の多い場所でも、モバイル環境には変化がなく相方のiPhone 7で撮影した画像は、Googleフォトへアップロードしていますが、スムーズでした。

結論

ベトナムのSIMカードが日本で購入できるなら、あえて現地の到着してから空港やキャリアショップで購入することはないと思います。

今回使った、「mobifone」の二枚のSIMカードと格安とも言える「Vietnamobile」のSIMもハノイでは、常時接続されていて頼りにしている「Google Maps」もスムーズでしたし、300円以下の格安SIM「Vietnamobile」もハノイ観光2階建てバスに乗車して走行中でも問題がありません。

私達のように7日間くらいの滞在には、大きすぎるGBの容量でした。もう少し長く滞在するなら、十分実用になるプリペードSIMカードだと思います。「TopUp」の必要な滞在をする場合はまったく別の選択肢になるだろうと思います。

mobifoneシリーズには、相方が使った10GBに10日間というものでしたが、同じ価格で10GB・30日間というのもあります。15日以内ならビザがいらない渡航でしたら、使い勝手がもっと広がるかもしれません。

ただ、海外旅行はモバイル通信をいつも気にしているというのも健全ではありません。また、相方が撮影した写真をGoogle Photoへアップロードしているので2GB程度使ったようですが、私のXperia XZ Premiumは1GB程度、iPad Pro10.5 においては、60GB使えるところ1GB以下でした。

そう言う意味では、東南アジアを旅するなら「SIM2Fly」がいいように思います。SIMカードとしては、1000円を越えるので、コストはかかりますが使用期間日数が合えば帰ってきてから残りの通信容量を日本で使えるので、無駄になりません。

また、海外へ新千歳から出るときに、アジアの空港でトランスファーやトランジットなどする場合も、SIMカードの入れ換え回数を減らせて面倒がありません。

私の使い方ですが、通信容量を無駄なく使え、使い勝手がいい「AIS SIM2Fly 」が旅のスタイルにあっていました。

一つ気をつける点を書きます。このような日本で購入するSIMカードですが、発行される時期によって、キャリアが同じでもサービス内容が変わることがあります。使用日数であったり、通信容量、さらに周遊SIMカードの場合は、対応国の違いがあります。

※ベトナムの例として、「SIM2Fly」の周遊SIMカードでも、14ヵ国・16ヵ国用が販売されていますが、このタイプは「ベトナム」は対象外です。20ヵ国用とか現在主流となっている24ヵ国用を購入してください。

SIM2Fly アジア24カ国 周遊プリペイドSIM 8日間

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)