ふるキャン∞(Unlimited)ーメンテナンス『その4』ツーマントルランタン 288 DELUXE編

Coleman ツーマントルランタン288 DELUXE『日本限定品』

Coleman ツーマントルランタン288 DELUXE『日本限定品』

メンテナンスも第4回目です。ツーマントルとなった288ランタンも前回の「peak1 Lantern 222Bシングルマントル」とほぼ同じ行程です。

分解シーンの詳しくはこちらから

ふるキャン∞(Unlimited)ーメンテナンス『その3』peak1ランタン 222B編
昔キャンプに持ち歩いたホワイトガソリン仕様のPEAK1ランタン 222Bをメンテナンスで今でも使えるようにします。それにしてもコールマンのガソリン系のモデルはメンテさえすれば、代々受け継がれていくモデルだと思います。

そのため、分解と清掃のメンテナンスをしながら当時の資料と記憶を呼び戻して見たいと思います。

日本限定発売の288 DELUXEが生まれた背景

1991年までコールマンは「日本コールマン」として日本で販売されていましたが、1992年に社名が現在の「コールマンジャパン」と変更になった記憶があります。その記念としてシルバーモデルの288 DELUXEが発売されたはずです。

288 DELUXEは、Colemanの旧ロゴのモデル

新社名として日本記念モデルの「Coleman TWO MANTLE LANTERN 288DELUXE」は、同時にコールマンのロゴが変わったと話題になった時期でもあります。私が持っているモデルは、旧ロゴの赤いシールが本体に貼られています。

旧タイプは、下の罫線(ライン)がCから始まっています。

旧タイプは、下の罫線(ライン)がCから始まっています。

どのくらいの数量が販売されたのか分かりませんが、この288 DELUXEにも新ロゴ仕様のものがあったように記憶しています。

パッと見、強烈なインパクトがあるような変更ではなかったのですが、現在見慣れたロゴはこんな風に「C」が若干小さくなって、その下から真っ直ぐにのびていき全体を囲んでしまうラインです。

マントルに火を付けるのに最適なコールマンのライター。

マントルに火を付けるのに最適なコールマンのライター。

燃料タンク底には、「10  91」とエッチングされていますが、本体(288 DELUXEランタン)の製造日ではないように思います。

シルバーメッキのモデルは、このモデル以降にシリアルナンバーを付けた「SPORTSMAN 288」などが発売されているので比較的大きなロットで「シルバー燃料タンク」を作ったのではないかと予想します。(モデルを表すのはシールです)

この288 DELUXEモデルは、1992年から発売されたものです。

THE COLEMAN CO.INC WICHI.KANSAS U.S.A 10 91

アメリカカンザス州ウィチタ 91 10 とエッチング(刻印)された燃料タンク底部分

ちなみに「THE COLEMAN CO.INC WICHI.KANSAS U.S.A」とは、コールマンが産声を上げた創業の地「アメリカのカンザス州ウィチタ」です。

288 DELUXEの特別仕様

なんと言っても、シルバーの燃料タンクが特徴ですが、当時の別売であったランタン用キャリングケース。しかも当時、別売品として手に入れられなかったブラックのケースが特徴でした。

また、ガラスのホヤの保護のために「グローブラップ」がついていました。(経年劣化でスポンジがヘタってしまって処分しました)

※当時は、パーツとしてどこにでも売っていたので交換すればいい程度で考えていましたが、現在ではなかなか手に入らないようですね。

また、フロステッドグローブ(つや消し模様付き)というホヤが付いていて、眩しさの低減を図れる仕様でした。カタログだったかキャンプ雑誌の紹介文か記憶が定かではないのですが、このフロステッドの部分を逆さに取り付けると、キャンプシーンにより最適な配光ができるとありました。

この「つや消し模様付きホヤ」は、どこにも交換パーツが売られていないので、割らないようにと気をつかっていたように思います。

 

フロステッドグローブの特徴を生かした?逆さま取り付け。

フロステッドグローブの特徴を生かした?逆さま取り付け。

前回使ったマントルが壊れずについたままだったので・・・

ポンププランジャーが固まっていて動きが悪かったのですが、登山するのに前泊したキャンプ場で使ったのが最後だったと思うので、6年位前のまま保管していました。マントルもほぼ正常だったので、「リュブリカントオイル」を注入してポンピングをしてバルコニーに出て点火したらあっさりついてしましました。

部品の交換などは必要がないと思いながら、「チェックバルブ」を外すレンチがあるので気楽に点検できます。このチェックバルブレンチがあるだけで、メンテナンスの70%は終わったと思えるほど画期的です。

マントルが壊れていない、ランタンとして正常ならメンテしなくてもいいように思う。

マントルが壊れていない、ランタンとして正常ならメンテしなくてもいいように思う。

それと、マントルは昔に備蓄しておいたもののはずなので現在の物より丈夫だと小耳にはさみます。壊れてもいいと思いながらホヤを外して作業にかかります。

ホコリなどが入ったままですが、後で拭き取ります。マントルが壊れるかもしれないし・・・。

チェックバルブを取り出すと、今までと違った部分がありました。

パッキン無しの仕様?

パッキン無しの仕様?

古いColemanモデルの中には、チェックバルブにOリングが最初から付かないモデルがあるとのことです。本来なら付けた方がよいように思いますが、チェックバルブからの圧縮漏れがないのでそのままに今回はします。

これも、チェックバルブ用のレンチがあるおかげのような気がします。

青錆といわれる、緑青(ろくしょう)を軽く取って、組み付け直します。リュブリカントオイルで各部を満たしておきます。

チェックバルブを少し固めに取り付けてポンププランジャーを取り付けるときに、ゴムのカップの膨れが大きくて少し入れるのに苦労しました。

ゴムのカップの予備はありますが、まだ使えそうなので、そのまま組み付け。

ゴムのカップの予備はありますが、まだ使えそうなので、そのまま組み付け。

それだけ圧縮(ポンピング)には都合がよかったようにスムーズです。

これで、メンテナンスは終了です。

本当に、コールマンは壊れないです。(使った分だけ、シーズンオフのメンテナンスは必要と思いますが・・・)

気になっていた「Oリング」取り付けました!

チャックバルブを外すレンチがあるので、時間を見て「Oリング」を付ける準備をするのも気楽になります。

Amazonにこんなのがありました。

10個入りなので、今までメンテした他のコールマンも交換しておきます。

10個入りなので、今までメンテした他のコールマンも交換しておきます。

このOリングが無くても、圧縮は保っていて、古いコールマンには付いていないのが定説です(最近のチャックバルブは付いています)。メンテナンスとして考えると、必要な部品は少ない方が良いというのは、理にかなっています。
いくら探しても、Colemanの純正部品は見つかりませんでした。指定店で修理を出すと取り替えがきくと言うことだと思います。
径が合ってガソリン等の耐油性能があれば大丈夫だと判断して作業開始です。
ガソリン用NBR70ー耐油ゴムのOリング

ガソリン用NBR70ー耐油ゴムのOリング

しかも、弾力性のあるゴムパッキンを装着する事でチェックバルブの締め付けトルクが、少なくて済むことがわかりました。

手回しでチェックバルブをネジ込みます。パッキンの柔らかい感触があります。

手回しでチェックバルブをネジ込みます。パッキンの柔らかい感触があります。

これで硬直して外すのに力がいる作業が軽減されます。ポンピングでも全く問題がありませんでした。

ハンドルを付けて増し締めしますが、カチガチに締め込まなくてすみます。

ハンドルを付けて増し締めしますが、カチガチに締め込まなくてすみます。

今回使った「Oリング」は、こちらから調達しました。

 

最後のコールマンメンテシリーズは、かなり酷使した「コンパクトツーバーナー」です。外観は、かなり痛んでいるので、ジェネレーターやチェックバルブ等に絞っています。

火が付いて火力が安定すればいいのですから・・・。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました