3,高雄の空港からホテルまでは歩いていくことにした。

ドンコイ通りを目指してホーチミンの旅【3】May. 02, 2017~May. 07, 2017

台湾高雄行きは、札幌以外でも数多くの航空会社が直行便を日本国内から出している。
ざっと調べて見ると以下のような結果が出てきた。

国内でお得な経由方法がないか調べてみた。

成田:エバー航空、日本航空(コードシェア:チャイナエアライン)、バニラエア、タイガーエア
沖縄:チャイナエアライン(コードシェア:JAL)、タイガーエア
大阪(関空):ピーチ、タイガーエア、スクート、エバー航空(ANAコードシェア)チャイナエアライン(JALコードシェア)
福岡:エバー航空(ANAコードシェア)

熊本:チャイナエアライン

それだけ、ビジネスや観光に盛んに交流があるのだろう。

しかしながら、新千歳から直接高雄を目指すのが一番効率がいいことがわかった。さらに桃園空港へなら、まだたくさんの選択肢があることも確認できた。目的はホーチミンなのだが、新千歳からは直行便がないので、国内の経由地を探すついでに調べてみた。今後の参考になるかもしれない。

まずは高雄でトランスファー

私達が乗るチャイナエアラインは、19時15分の出発便である。手荷物検査場は、思った以上に混み合っている。かなり厳しく検査をしているようで長い列が続いている。特に日本から帰る人達の急ぐ気持ちが現れていてパワーを感じてしまう。

「少し落ち着いて待てばいいのに・・・」と心のなかで思いながら検査を通すバケットの取り合いがすさまじい。色々な出発便が集まっているので仕方が無いが日本人が少ないと状況は変わるものだと感心する。
検査は、一人にかける(かかる)時間は相当長くなっているように感じる。羽織っているウインドブレーカーを取るように急に言われて骨折の付近から激痛が走る。
「ベルトも取ったはずだし、金属もないはず」と思って身体検査にいく。今回の新しい機械は身体を入念にスキャンするタイプのようで初体験のもの。円柱状のボックスに入るように言われて全身をスキャンするのだが、基本の姿勢は、両手を高く上げる必要がある」。

「こんな時によりによって・・・」と内心思いつつも、できる限り右肩から腕にかけての激痛に、再び堪えながら両手を上方に持って行く。

「健気なもんだ」と心に思いながらも要求している手があがっているかは疑問である。不格好の姿を凝視されているように見える。

スキャニングがはじまった。足首より下に金属反応があるらしい。

「えっ、何が金属なんだろう・・・不思議に思いながら、可能性を考えている。トレッキングパンツの裾には反射蛍光テープが貼ってあるが金属を使っているかな?~~~あとは履いてきたトレッキングシューズくらいか・・・」

もう一度、触手でズボンの裾を点検してから、さらに靴をもう一度検査するので脱げという。海外では何度か経験したが日本で初めてだったので面食らった。

相方は、同じように検査されるも問題がなかったようで余裕である。

「これだけ検査が厳しくなれば、この混みようがわかるわね。イライラして急ぐ気持ちもわからないではないかな。」 と何もなかった相方は言っている。

Kaohsiung International, Airport Chaina Airlines

高雄空港は、まだまだ眠らない

新千歳でチェックインの時、高雄ではどうしますか?と聞かれた

エアバスA330はほぼ定刻通り飛び立った。おもったよりも古い機体のようだった。

あとは台湾時間の22:50PMに到着を待つだけだ。この便は深夜便とは言いにくいが、入国の手続きなどして、もたもたしていると翌日の0時近くなるはずである。そして、翌日の出発便は、7:30AM発のホーチミン行きのフライトである。

この高雄に滞在時間はほぼ7時間くらいだろう。短時間ではあるがトランジット用にホテルを予約しておいた。近年、この時間帯の後にも高雄に到着するLCC等の便が到着する。乗り継ぎなどで空港で待ち時間を過ごすこともあるのか、チャックインの時、高雄でのい乗り継ぎの時間をどうするか聞かれた。

『(若くはないので)少しでも身体を休めるため「入国してホテルに泊まります」』と答えていた。心配してくれたのかな、とも思えた。

Kaohsiung International Airport

高雄国際空港に到着、一本道なのであまり迷うことはなさそう。

ほぼ同時刻に到着した手荷物レーンは、人が溢れているようだった。ちょうど2番レーンに荷物が流れ始めていた。乗っている人数よりも一人あたりの荷物の多さにビックリする。北海道土産なのだろうか、発泡スチロールの箱が目立っていた。

ほどなくして、荷物が出てきたので次は両替である。ここ高雄には数時間の滞在なのと帰りの桃園空港から出国までの分、2日合わせて24時間ほどなので、ここは5000円位を台湾ドル(TWD)に両替を考えていた。

このような時間なので、銀行が開いてないことも考えクレジットカードのキャシングの用意はしている。その考えも、すぐに杞憂に変わる。到着フロアに出る前の左手に「臺灣(台湾)銀行」が開いていたのでのぞいて観る事に。

Bank of Tiwan, Exchange

臺灣(台湾)銀行で外貨の両替

フロアに出てみると、ちょっと早まったらしい。

臺灣(台湾)銀行は、到着ロビーでもちゃんと営業していた。一応、レートを確認するが、まったく同じであった。(当たり前である)

Bank of Tiwan2

本当はここの臺灣(台湾)銀行で両替をするのが便利かも。

テクテクと、歩いてホテルまで行けるはず



ここで、ホテルまでの経路をGoogleMapsにて確認しているのは相方である。

「けっこう近いんだけど・・・」と言いながらiPhone の画面を見せてくる。

Kaohsiung International, Airport

到着ロビーは賑やかさから徐々に人がはけていく。

「徒歩12分ぐらいで到着よ!」と相方が念を押す。タクシーの呼び込みが出口から聞こえてくるが、まったく乗車する気は無いようだ。

確かに、1km以下では、タクシーを呼ぶべきかを迷う距離である。

マップの経路に従って空港の外に出た。東西南北を把握するのにiPhoneを持った相方は、身体ごとクルリと一回転している。

Kaohsiung International Airport

タクシーの呼び込みにも負けずに空港の外へ

まだ、市内に行くMRTは動いているようだった。

本当は、明日のホーチミン行きの便がもう少し出発が遅かったら、MRTの駅の界隈のホテルが理想だったが、7:30AMの便の国際線搭乗受付2時間前を目指すには、早朝の営業開始時間がネックになっていた。

Kaohsiung MRT

高雄空港まで便利なMRTがある。きっと最終便に近いのか急ぐ足取りの人が多かった

このMRTの駅(紅線-レッドライン)を過ぎてまっすぐ行くと、空港からのバス停が見えてきた。たくさんの人が家路を急いでいるように、列が作られていた。

kaohsiung International Plaza

ホテルの道順、空港の駐車場を横切り大きな通り「大業北路」に出たらあとは一本道

大きな通りと公園が見えてくるが、人が通る道がないように見える。目の前は空港の乗用車が駐めている駐車場になっている。ここにわずかな人の出入りができる場所がある。

どこから道路に出るんだ?横断歩道が向こうに見える

駐車場内を抜けると、大きな通りのT字路の交差点にになり、長い横断歩道があった。ここを渡れば、「高雄公園」の横の道になる。ちょっと薄暗いのとこの時間の交通量の少なさでさびしい気持ちになるが、治安に不安を覚えるほどではない。

大業北路

横断歩道を渡りきって振り返って高雄国際空港を見る。駐車場内を抜けるとこの本通りにでる、

公園の横を道沿いに歩いていく。公園内は照明がところどころにある。多少暗いが、道路の灯りがあるため歩道も明るく照らしている。

Kaohsiung Park

公園側は暗いけど最低限の明るさは確保されている感じがする。

歩道は少し凸凹があるが、歩きにくさはない。痛めた右肩でスーツケースを引いて歩くのはつらいので、相方に手伝ってもらっている。

大業北路

横の道路「大業北路」は、照明が明るく歩道まで照らしていて安心

「高雄空中大學(Municipal Open University)」が見えてくる。ここまで来ればあと少しである。ホテルのサインはまだ見えないが、きっとここだろうという建物が見えている。さすがに、歩いてホテルに行く人はいなかった。

空港から本通りに出るのにちょっと戸惑ったが、その時間を除くと10分程度で到着した。時間をスマホで見ると、ギリギリ台湾の時間の5月2日内23時55分だった。

日付が変わるようなチェックインならメールで確認しておく

この時間帯にホテルにチェックインする場合は、必ず前もってホテルにメールしておく事にしている。

飛行機の到着便の時間を書いて

ホテルには、遅くなるけど待っててね!(英語です)」というくらいのもの。

Web宿泊予約でこの時間帯に到着する場合、むかし部屋が無くなっていた事があって必ず確認している。ホテルの返答のレスポンスの良さも事前にわかる。

その点ここのホテルの対応は、素晴らしかった。

遅い時間帯でなければ、ホテルからの送迎サービスもあるらしいけど、さすがにこの時間帯は対応していないらしい。機内でだるくなった足をちょっと動かす程度なので、歩いてきてよかったと思っている。

KAOHSIUNG INTERNATIONAL PLAZAー高雄インターナショナル・プラザホテル(高雄国際会館)である。

明日のチェックアウトは朝の5時。朝食付きプランだったためランチボックスを作ってくれるという。シャワーを浴びて軽く身体を休めますか。

Kaohsiung International Plaza Hotel

たった5時間のステイの部屋にはもったいないくらいのイイ部屋でした。-今度ゆっくりしてみたい。

つづく・・・

Hotels.com【海外・国内ホテル予約サイト ホテルズドットコム】

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。