7、ニャチャン・カムラン国際空港から仁川経由で新千歳へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

ビーチリゾートでもチャンパ遺跡巡りへ【7】Apr. 28, 2018~May 04, 2018

Vinpearl Land

ホテルからの夜景も今日で見納め。遠くにアミューズメントパークのヴィンパールランドが見える。

チェックアウト準備

「夕食何にしようか?」と私が切り出す。と言ってもあまりおなかが空いていない。多少、飛行機に乗る前に軽く食べておく程度のことだ。

相方が、ニャチャンで過ごす夕食用レストランをピックアップしてあったところへ行くことにする。と言っても残ったリストで一番近場なだけで、食べたいものというよりも消去法を使った答えだった。

滞在中何度も入りかけて、他の誘惑にかられて入らなかった店でもある。

Lanterns

細い階段を二階へ上がるベトナム料理のLanterns

見ていると、人の出入りが多いので人気の店なのだと思う。また、この店の前に来て立ち止まってしまった。最終日ここへきてベトナム料理が飽きてきているのかも知れない。相方も見慣れた店のメニュー看板を見て考え込んでいる。

私達の横をすり抜けて、また階段を登っていく客がいる。

「もう少し、早い日に来ればよかったね!」と相方が言いながら店舗の前を後にした。

ニャチャンにいる間ここの前でよく見かけていました。その瞬間、ピザにしようと二人が一致していました。

相方のSparkling Tea Blueberryが美味しかったと満足してました。

結局二人で、241,000VND(1,200円弱)で済ませてしまいました。シーフードスパゲティーも熱々のフライドも美味しかったです。もちろん333(バーバーバー)ビールは普通です。

あとは、ホテルの部屋に戻って、忘れ物がないか点検していよいよチェックアウトです。21時になりましたので、ロビーにおります。深夜に到着したときのようにちょうど人の気配はなく、フロントの一人だけでした。

Hotel Novotel Nha Trang

カードキーの返却。

二人で使うには、もったいないくらいの車両に乗り込む。ここの専用車はトヨタが圧倒的に多かった。ベトナム特有の交通渋滞がないので、意外と順調にカムラン国際空港へ到着しそうだった。

Hotel Novotel Nha Trang

大きなビンタン橋(Binh Tan bridge)を渡る。

ニャチャンでは、まったく雨に遭わなかったのですが、ここに来て通り雨が降っています。風は強くないですが大粒の雨が車体を濡らして行きます。

同じようなアングルですが、前方の景色は見えません、なんとこのタイミングで雨です。

数Km走ると、今までの雨が嘘のように降り止んでいます。走行路面も濡れていないのでここら辺は、雨の影響はまったくなかったようです。空港に着く頃には、雨が嘘のように夜空に星が見えています。

カムラン国際空港でチェックイン

まだ、ちょっと早いようです。一番端のブースが大韓航空のチェックインカウンターのようです。

Cam Ranh International Airport

チェックインカウンターはまだのようです。

発券の時に、ソウルで乗り継ぎカウンターで新千歳行きのチケットを取ってほしいと言われます。ただ、預け入れ手荷物は、新千歳までスルーで行くようです。

カムラン空港の出発は2階なのでエスカレーターを使います。

Cam Ranh International Airport

2階に上がってすぐに手荷物検査場があります。

手荷物検査から出国審査まで、この時間帯の団体客が多いのか意外に混雑していました。審査を終えて、スカイチームのラウンジに行きます。ベトナム航空のラウンジのようですが、大韓航空でも案内されるようです。

Cam Ranh International Airport

ラウンジへの案内です。

入口を入ると、意外に小さなスペースのラウンジでした。

Cam Ranh International Airport

ベトナム航空のロータスラウンジになっています。

フライト前の乗務員の待機所にもなっていましたが時間が来ると早々に出て行きました。私達が入った時は、あまり人がいなかったのですが、すぐに満席になってしまうくらい小さいラウンジです。

Lotus Lounge

待ち時間を有効に過ごせるので、ニャチャンではここ以外のラウンジはないようです。

私達はエコノミーですが、このデルタ航空のゴールドカードを所有するだけでゴールドメダリオンの資格がありスカイチームのステイタスマッチが得られるので、上級会員やビジネスクラスを使った場合と同様にラウンジがつかえます。

最近、その上級会員の維持の規約が変わりましたが、新規で所有すると1年間は、デルタゴールドメダリオンの資格があり、スカイチームでの上級の特典が付与されます。

入会と3ヵ月のカード利用で、32,000マイルなどのお得なキャンペーンをやっています。これなら、年会費分を実質無料と考えることもできます。

デルタアメックスゴールド

デルタのアメックスゴールドカードはスカイチームを使うならメリットが大きい

搭乗も「SkyPriority」の表示専用のレーンをつかえるので、たとえエコノミーでも早めに座席に着くことができます。もちろん上の棚は余裕で座席の上の確保できます。また、場合により、座席に余裕のある時など、空いているスペースに移動させてくれることもあります。

日本にキャリアのないスカイチームのスカイマイルなんて使い道がないという方が多いと思いますが、10,000マイルを1万円のJTBの旅行券に10,000マイルを1万円に代えられます。クレジットカード保有のみの特典です。(デルタのスカイマイルには有効期限がないので気長に貯めることができます)

今回も、扉付近が3席あいていたので、相方と二人使わせていただきました。

ボーイング737-900の非常用扉の横の席のUSBコンセントなど

通常は、前の座席の背もたれについていますが、緊急脱出の妨げにならないように自分の座席の下から取り入れるように配慮されています。この座席は緊急時アシストが必要なので一応備え付けのマニュアルに目を通しておきます。

それにしても、大韓航空のキャビンアテンダントの人達は、日本との路線では無いところでも日本語が堪能な人が多いです。競争倍率の高い就職を勝ち取った人が多いのでレベルの高さが光ります。

Incheon International Airport

仁川(ソウル)ターミナル2に到着

ニャチャンのカムラン国際空港のチェックインで言われたように、トランスファーデスク(Transfer Desk)に寄って、仁川~新千歳を発券してもらいます。

仁川国際空港でトランスファーデスクへ

Transfer Desk

乗り継ぎの券がないのでトランスファーデスクを目指します。

手続きが済んだらそのまま、横にある手荷物検査場で制限エリアに入ります。

ラウンジを利用して少し仮眠を取ります。

新千歳へは12時25分なので3時間以上あります。ここでも、SKYPRIORITYにより 大韓航空の「KAL  Lounge」を案内されました。

仁川国際空港には、 PriorityPass(プライオリティパスのラウンジ)もいくつかありますので、混み合っていたら航空会社の「KAL  Lounge」はやめてもいいと思っていました。

LOUNGE.L PRIORITY PASS

「LOUNGE.L」はプライオリティパスのラウンジです。

クレジットカードに付帯している「プライオリティパス」もありますが年数回の海外旅行で使うならプランによっては節約になります。

プライオリティパス

プライオリティパスは、一年更新

PRIORITY PASSのアプリを使うと、空港内で確認ができます。

PRIORITY PASS APP

PRIORITY PASSのアプリで空港内で検索。 LOUNGE.L・SPC LOUNGE・Matinaがつかえます。


航空会社のKALラウンジは比較的、搭乗ゲートに近い位置にありますのでやはり便利です。

KAL Lounge

KAL Lounge はゲート249~250付近のエスカレーターを上がります。

やはり混んでいそうです。

 KAL Lounge

受付はいつもこれくらいの人がいます。

ラウンジは広く大きいので、入口付近の席は埋まっていましたが、奥の方は余裕がありました。1時間ほどすると、多くの座席の空きは無くなって行きます。コーヒーと茶菓子を持ってきたあとは、少しウトウトとしています。

 KAL Lounge

まだ、座席に余裕があります。

仁川国際空港Terminal2内の無料Wi-Fiは強力です・・・

相方のiPhone7は、ここラウンジでも、空港内でも無料のWi-Fiが接続できるのでネット環境には不自由はないようです。あとは日本に帰るだけなので、このラウンジのテーブルを使ってベトナムのSIMカードからいつも使っている日本のキャリアのSIMカードへ変更します。

私のXperiaも同様にSIMカードを入れ替えてしまいます。海外のパケット通信でdocomoから新しいサービスが提供されています。

従来は、海外でトランジットなど短時間(24時間以内)なら、お得な「海外1dayパケ」というサービスの提供がありました。

海外1dayパケサービスの終了

海外1dayパケサービスの終了

非常に便利なプランだったのですが、30MBを超えると通信速度が遅くなってしまいます。メールやSNSなどなら大丈夫ですが、WEBページの閲覧などではすぐに上限をオーバーしてしまうので、ちょっとした予備として覚えておく程度でした。

以前、ソウルの「トランジットツアー(Incheon Airport Transit Tour)」に参加した時、無料Wi-Fi圏内の空港から離れて、モバイル通信が必要になったときは便利でした。

3時間くらいのツアーに参加したので、多少WEBの閲覧などでも容量をオーバーしないで済みましたが、速度制限を気にせずに使う(通信速度が16kbpsに制限)には使い勝手が悪いという感じがしていました。

※2018年3月15日より、新サービス「パケットパック海外オプション」に変更になり、自分が契約している国内のパケット容量をつかえるので、速度制限の「30MBまで」が無くなり快適につかえるようになっています。

スマホのアプリでは下記のように変更になります。

パケットパック海外オプション

海外1dayパケは3月14日までで新規受付を終了。「パケットパック海外オプション」が開始

「海外1dayパケ」とパケットパック海外オプションは同時に契約できないので、一度「海外1dayパケ」の解約をします。WEB上で手続きができるので、ここ仁川国際空港内のKALラウンジ内でSIMカードをベトナム用のプリペイドから国内のdocomoものに取替と同時に契約してしまいます。

パケットパック海外オプション

便利な点は日本で規約しているパケット量(5GB)など、残っている容量内でつかえる。

国内で契約しているパケット量を超えないかぎり自由にローミングでデータ通信ができるのが利点です。

無料のWi-Fiが快適なのであえて使う事もないのですが、使う理由として「無料Wi-Fi」のセキュアの問題です。

そのため、無料Wi-Fi を使うときは、Hotspot ShieldをONにして使って自衛することににています。無料Wi-Fi はパスワードも不要な場合も多いので、どのような不正アクセスがあるか心配でもあります。

そんなとき、普段は「Wi-Fi セキュリティ(Hotspot Shield)」を使っています。


無料Wi-Fiスポットに潜む危険を回避しています。

Wi-Fi セキュリティは、Windows / Mac / iOS / Android のマルチプラットフォームなので、5台までつかえるのも利点です。

アプリを立ち上げて「ON」にします。

Hotspot Shield

Hotspot ShieldをONにします。有料ELITE版は接続先を日本以外に選択することができます。

出発の定刻の時間が近づいてきました。搭乗口へ移動します。気づくとラウンジ内は満席のような混み具合です。それでも出入りが多いので、ちょうどバランスがとれているのかも知れません。

まもなく搭乗受付開始

定刻通り出発します。

このゲート付近では聞き慣れた日本語の会話が耳に入ってきます。韓国の観光をした人達のように思います。

今回の旅も無事帰国しました。

クメール遺跡からチャンパ遺跡へは、数年かけてまわったことになります。まだまだ、行けない場所もあるのは確かですが、旅のルートを作る上で参考になった書籍があります。そのひとつ、「扶南・真臘・チャンパの歴史」があります。

クメール遺跡として壮大なアンコールワットをチャンパ王国が4年間統治(占拠)していたこともある。そんな歴史を追い求めて「テクテクと。」旅を続けて行きたい。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。