9.哀愁の夕日、王国が消滅跡ボコの丘へ

クメール遺跡ボロブドゥールの旅【6-2】Apr 28, 2016~May 04, 2016

プランバナンの方向を見ながら日が沈むボコの丘である。
夕日を観るには、まだ早いようなのでラカイ・ワラン王国が消滅した跡を見て歩く。
ジョグジャカルタに来て間もないのだが、数日この時間になると、天候が変わるので雲に隠れるのかなと・・・。

ratuboko3

ボコの丘はジャワ島のデートスポットか?

それでも、この遺跡が地元のデートスポットらしく、カップルやグループがたくさん集まって来ている。これだけここの天候に詳しい人が集まるのだから、きれいな夕日が見られるはずと根拠のない推論をたてている。

「いっぺんにジョグジャカルタの見所を詰め込んだせいで、疲れちゃった」と相方はギブアップ気味に言う。
「これを見たら夕食を食べるだけだから・・・」と私が言い返す。食べ物の事となると一瞬目が輝いていた。

※Pendopo

※Pendopo 今日の遺跡巡りは足を出すとダメと言われて短パンを控えたが、暑かった。

マイカー(バイク)でも無いかぎり、ここに足を運びにくい。それは夕日という自然をコントロールできないからである。

「疲れたでしょう、身体のマッサージがありますが、どうですか?」とガイドさん。

『たしかに、疲れてきているにだよなぁ~。それでもここから夕食で終わるからさっさとホテルにも帰りたい・・・』 と思っていたら、
「ここの夕日の帰りまでに決めてくれればいいよ。あとは、レストランだけだから」と即答できないでいた私に考える時間をあたえてくれた。

ratuboko4

遺跡内を色々と歩いていると、夕日の時間である。ここに着いた時には、遠くにあった雲は無情にも、太陽を隠すように風にのってやってきた。この厚い雲は、ひと雨来そうな雰囲気がある。

※やはり厚い雲が覆い被さってしまった。

※やはり厚い雲が覆い被さってしまった。

夕日が見られないとなると、今までいた人々は、ゆっくりとレストハウスの方向へ下山していく。そこで、思わぬ事がおきた。

離れた駐車場で待っている車がなかなか来ないのである。確かに、他のチャータータクシーなどもどこからかまわって来て、客を乗せていくが待ち時間が多いように見えた。

かなり遠い場所にあるのだろうか?私達の車もガイドさんの心配をよそに、なかなか来ない。陽が急激に落ちてきてくらくなってきたくらいだから、どれくらい待っただろう。

ガイドさんは、少し強い口調でドライバーを怒っている(ように聞こえた)。

真相はどうだったがわからないが、この予期せぬ待ち時間があったために、先ほどの身体のマッサージの件を言いそびれてしまった。

ゆっくりと疲れを取ってくれたマッサージ

外はすでに、暗くなり予定していたレストランも『遅れているのかなぁ!』と心配をしつつも、マッサージをお願いした。

「これから2人だけど、大丈夫?」とスマホで店と交渉している。

ガイドさんは、少し困っているようだ。

「とても混んでいて、なんとか頼んでみている・・・」

※GRAHA Spa Yogyakarta

GRAHA Spa Yogyakarta インドネシアでは有名店らしい。

建物の前は、駐車スペースは1台分、係員も忙しそうに案内している。

空港に近くのようだ。なんとか1時間もコースが取れたようだ。

非常に気持ちが良かった。

最後に、「シャワー?」と聞かれたが、レストランの時間も時間が押しているし、このコースも他のプランの選択肢もなかったので、やめることにした。

「フランス人?」と英語で言われてしまった。(英語が得意ならもっと説明したのに・・・)

最後は、ホテルでディナーを

今日の最後はホテル(Plaza Hotel )のレストランである。

ホテル内に入ると、確かに高級そうである。そして明らかな違いは、私達が泊まるホテルは日本人をあまり見ないし国際色豊かである。その中で、圧倒的に日本人が多いのである。やはり、このクラスに日本人は泊まるのか、と思ってしまった。

ナシゴレンかミーゴレンのセットなので、相方とふたりそれぞれ別メニューを頼む。

飲み物は、相方がミネラルウォーターで、私は、折角インドネシアなので「Bali Hai (バリハリ)Beer」でひとり乾杯!  Bintang (ビンタン) ビールよりちょっとコクがありました。

ツーリストホテルのような場所しかアルコールは飲めない

※Bali Hai Premieum Beer

※Bali Hai Premieum Beer

このように、ツーリストホテルのようなところでないと、ビールは飲めませんのでありがたい場所であります。

明日は、ジョグジャカルタ駅から汽車を使って「ソロ」へ行くことにしている。

つづく・・・

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。