「硫黄の山」の意、秋のニセコ イワオヌプリ登山へ。 | テクテクと。

「硫黄の山」の意、秋のニセコ イワオヌプリ登山へ。

「硫黄の山」らしく五色温泉郷にあるイワオヌプリへ Oct 14, 2019

春、6月中旬くらいまで、登山道には雪が残る。それは、冬のスキーシーズンとの変わり目を教えてくれる。そして、ニセコ山系の紅葉の見応えが薄くなる10月中旬以降、今度は冬のシーズンを待ちわびるように冷たい風が山頂に吹いている。

イワオヌプリ山頂、水はけのいい火山礫でできた地表でも昨日の雨で湿りがち

イワオヌプリ山頂、水はけのいい火山礫でできた地表でも昨日の雨で湿りがち

実は先月、9月29日(日)はチセヌプリを目指していた。

レストハウスの駐車場から道を挟んで神仙沼入口へ。

レストハウスの駐車場から道を挟んで神仙沼入口へ。

9月の最終日曜日の29日、同じ時間にニセコ山系に来たばかりです。
実は、その日はニセコとしては終盤となった紅葉のなかでチセヌプリへ登る予定でいました。神仙沼経由なので木道を通っていくルートです。

この神仙沼のレストハウスは、大きな駐車場がありトイレも完備されていますが、朝の9時までシャッターが閉まっていて使えませんので、朝早くに到着する場合は、来る途中で用を済ませてくることをお勧めします。
大きな神仙沼の駐車場へ駐めて登山開始

大きな神仙沼の駐車場へ駐めて登山開始

スタートは少し雲がありどんよりとした空模様でしたが、雨はなく快調な滑り出しでした。

チセヌプリを目指しています。

チセヌプリを目指しています。

チセヌプリとシャクナゲ岳の分岐の手前で徐々に強い雨になり撤収となりました。

登る予定だったチセヌプリを長沼から見上げる。

登る予定だったチセヌプリを長沼から見上げる。

雨がどんどん強くなる中で、時間があるので予定に無かった神仙沼へ。

大雨と強い風の神仙沼。

大雨と強い風の神仙沼。

硬いソールで濡れた木道を歩くと、何度かスリップします。トレッキングシューズは、アウトソールが硬いものが好みですが、このときばかりは、スニーカーのように柔らかいソールのグリップが歩きやすいです。

五色温泉インフォメーションセンター前から登山開始

ここからが、イワオヌプリ登山の概要です。

ここには、五色温泉インフォメーションセンター以外に、休日運行のバス停駐車場には常時使える公衆トイレがあります。

ニセコ町五色温泉インフォメーションセンター

ニセコ町五色温泉インフォメーションセンター

駐車場には数台の先客がいる。まだまだ余裕があるが準備を進めている登山者は、イワオヌプリを目指すものと向かい側にそびえるアンヌプリに行く登山者に別れます。もちろん、アンヌプリの登頂から戻ってイワオヌプリをさらに登るというのも、この時間なら日帰りでも十分可能です。

五色温泉を左下に見て前へ進みます。

五色温泉を左下に見て前へ進みます。

鳥居の横を通って、入林届けのBOXをまずはめざします。

ニセコ神社横を通り、イワオヌプリの看板(腰より低い位置)までいきます。

ニセコ神社横を通り、イワオヌプリの標識(腰より低い位置)までいきます。

この標識から、急な階段状の登りになります。身体が慣れていないのでここが一番キツく感じるという人も多いようです。

この表示を見逃すと木道になるので注意です。

この表示を見逃すと木道になるので注意です。

この石段を登り切ると、入林届けがあります。

入林届けを出してイザ出発!

入林届けを出してイザ出発!

相方は目指す山ではなくアンヌプリの山頂の方向を見ています。

すぐに嫌いな階段上りが続きます。

すぐに嫌いな階段上りが続きます。

入林届けを階ながら見上げると、この階段があり気が萎えてきます。イワオヌプリは、正直初心者でも登れる山には違いはありませんが・・・。

イワオヌプリがアイヌの人の言葉の意味で「硫黄の山」は、この麓にある「五色温泉旅館」などの温泉施設があります。ニセコパノラマラインを下って行くと、さらに 大湯沼をもつ「交流促進センター雪秩父」など温泉の宝庫です。

登山のあとの温泉が楽しみなニセコ界隈

登山のあとの温泉が楽しみなニセコ界隈

乾いた火山礫の地表なので歩きやすくシューズが汚れないです。

一度開けた場所に出ます。休憩をするには都合がいいです。

一度開けた場所に出ます。休憩をするには都合がいいです。

8時30分を過ぎると、日差しが強くなってきますが、徐々に風の冷たさが高度を上げていく都度感じます。

昨日の雨で濡れている路面も乾いてきていて歩きやすいです。

昨日の雨で濡れている路面も乾いてきていて歩きやすいです。

この看板「イワオヌプリ」の横には「大沼」への分岐があります。紅葉のシーズンならニトヌプリやニセコの沼巡りのルートとしても使われています。前回のチセヌプリから長沼から神仙沼などを縦走し、大沼へ戻ってくることもできます。

ここから、ゴツゴツした斜面が続きます。前を歩く登山者がいる場合は落石に注意が必要です。私達も、後続者がいなくとも不用意に小さな岩を蹴ったりしないような歩行を心がけてます。

お鉢に到着です。ここで右まわりか左まわりかを選択します。比較的多いのが左まわりで登る方が多いようです。

お鉢に到着。

お鉢に到着。

ここからグッと高度を上げていきます。

イワオヌプリの分岐から行ける大沼が見えています。

イワオヌプリの分岐から行ける大沼が見えています。

急勾配が続いて行きます。まだまだ山頂ではなく・・・。

ここを登り切るとあと一歩という感じです。

ここを登り切るとあと一歩という感じです。

登り切ると先ほどのお鉢が見えます。

奥に見える踏み跡が右まわりのコースです。私達は、帰りのルートで使います。

奥に見える踏み跡が右まわりのコースです。私達は、帰りのルートで使います。

紅葉の季節でなくとも、このイワオヌプリは、山頂へ向かうに従って展望が開けてきます。天気の良い日は特に登った満足感が得られるはずです。

高度感というのも登山の楽しみな要素。

高度感というのも登山の楽しみな要素。

山には色々な自然なオブジェが・・・ここイワオヌプリにも?

まもなく、目印にしている岩に到着します。

本当に自然の姿なのか・・・「スヌーピー?」

スヌーピーのロックオブジェが出迎えてくれます。

スヌーピーのロックオブジェが出迎えてくれます。

このスヌーピーの向かい側には、恐竜「T-レックス(ティラノサウルス)」の頭があります。

ジェラシックパークというか恐竜でも人気のティラノサウルス

ジェラシックパーク、恐竜でも人気のティラノサウルス(参考画像:ACワークス-写真ACより)

イワオヌプリで見つけたのはこちら。

T-レックス=ティラノサウルスか?

T-レックス=ティラノサウルスか?

残りは、なだらかな稜線を進むと山頂が見えてきます。風が強く冷たさを感じます。

帰りは、お鉢をまわるようなルートとします。

帰りは、お鉢をまわるようなルートとします。

北海道の「北海道夏山ガイド」によれば、登りは1時間となっています。


ごくごく初心者でも登れる山として人気がありますが、この時期は、山頂付近は5℃以下でした。それに風も強く、1000m級の山とはいえインナーやアウターなど「冬の装備」で登山することをお勧めします。

あと、まだ秋なのですが、風の通さないで防寒性能のある「手袋」があると楽です。

もう一つ、この時期リュックの中に必ず入れておくものがあります。それは「使い捨てカイロ」です。その中でもこの「カイロ」は信頼できます。

’めっちゃ熱いカイロ’と言うように、他の一般的な「使い捨てカイロ」に比べて、低温(氷点下)環境においても高温で発熱し続けます。パッケージにはやけどに注意と書かれるくらいの性能を誇ります。

桐灰のカイロ「マグマ」は、登山の必需品。

桐灰のカイロ「マグマ」は、登山の必需品。

今回は使う機会に恵まれませんでしたが、夏場の汗による低体温症にも。常にリックの中に入れて行動しています。

ちなみに、テクテクとノコノコと歩きで、写真撮りながらでしたので、登りは1時間25分でした。

強い風を遮りながら、お湯を沸かします。

強い風を遮りながら、お湯を沸かします。

コンビニで調達したおにぎりを頬張りながら、ミニカップ麺に湯を注ぎ山頂の空気感を満喫して下山です。

昨日の雨で所々濡れている。あと1時間ほどで乾いてくるかな!

昨日の雨で所々濡れている。あと1時間ほどで乾いてくるかな!

下山は、50分ほどで入林届け前に到着。楽しみにしている登ったあとの「温泉」は、この近郊とも思いましたが、9月の神仙沼ルートでチセヌプリ(大雨で断念)の帰りは「交流促進センター雪秩父」でしたので、クルマの帰路の通り道、源泉かけ流し「真狩温泉」にします。

真狩温泉前の駐車場からの蝦夷富士「羊蹄山」

真狩温泉前の駐車場からの蝦夷富士「羊蹄山」

「真狩温泉」の露天風呂の景色も雄大な羊蹄山を見ながら過ごせます。

今回はいい汗かいて、いい温泉で汗を流し、札幌へ早々に戻ってきました。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。