2.とほほ・・・オーバーブッキング!?

チェンマイの旅【2】Dec. 28, 2014~Jan. 03, 2015

昨日、あったことがまだ整理がつかない。
本来泊まるはずだったホテルと移動した距離感は持ち合わせているが、ここのロケーションは、まったくと言って不案内である。深夜の出来事からが、チェンマイの旅の始まりと思うと、スケジュールの組み替えが必要である。(始めは1dayとは思わず、帰国までここで過ごす覚悟をした)

ここへ到着後の深夜、外からの声が聞こえていた。近くにある、飲食店なのか営業中の電灯の光と人の声が聞こえていた。朝、あらためて窓からみると、聞こえていたのはホテルのプールサイドだったことがわかる。

このホテルを日本の検索サイトで探すなら、どんな条件なのか?

huwkiopoor

なんとなく、庶民が暮らす住宅街に建っている。やっと、ローケーションが見えてきた。このホテルを、日本で宿泊先を選ぶ事を考えたら、どんな基準なら検索されるだろうか?

朝食付きの手配というので、睡眠不足のなか1Fのロビー横にある会場へ。

客層はタイのファミリーが多いのか、車で旅をしているような感じである。

また、食事はタイの人のための味付けで、なかなか慣れない味に寝不足もあって食が進まない。

hawkio2

スケージュールの変更は容易ではない

早々に部屋にもどり、段取りを考える。

自由な時間を使って旅しているのではなく、仕事をなんとかやりくりして正月休みの期間だけを使った旅である。短い期間なので予定が根本から崩れ去るのは非常に対応しにくい。

すべてのスケジュールを組み直しである。タイでは、電話回線の通信は、日本よりも先進国で、SIMFREEでスマホを運用したほうが安くつく。
しかし、このようなときに備えて「海外WiFiルータ」をレンタルしてきている。3Gなどで、パソコンがつながる安心感があるたらだ。

今日、1日をかけて旅の日程の変更と同時に、宿泊先を現地で探すという前代未聞の行動をしなきゃならない。
そして、日本で予約しておいた、オプショナルツアーの集合ロビーの変更をしなくてはならない。
(ツアーの日程を、今日29日は外していたのが幸いしてる)ーまだ余裕がある、と言い聞かせる。

明日のオプショナルツアーの変更の電話をするが・・・

ツアー会社へ慣れないタイでの国内通話する。「050puls」がつながらない・・・。
仕方がないので、通常の国際ローミングでかける。

昨日の今日で実感もないホテル名を伝え、旅の段取りを整理していく。
(これがまた一苦労で、通じない・・・スペルでホテル名を言い対応してもらった!)
「明日の、ホテルの場所を・・・・変更願いますと・・・)
自分の甘さもかなりあるだろう。日本のサービスに慣れきっているのがよく分かる。

毎年この時期は、ニセコヒラフにスキーに行くのが恒例としていたのだから。
(そんな日本と同じスタンスをもつのは、平和ぼけ?)

朝から憂鬱である。

内線電話の音・・・今日から居場所がなくなるのか?明日は・・・

気分を変えなくちゃと思っていたら・・・内線電話が鳴り響く。
フロントからの電話である。英語で「すぐにチェックアウトせよ」と強い口調でまくしたてられた。
脳裏では、こんな不案内な外国に来て、本日の泊まる場所も決まらず、途方に暮れるのか?

どんな理由でチェックアウトを要求しているのか分からず、フロントへ。

事情を聞くと「本来の宿泊先の用意ができているので、戻ってほしい」という事らしい。

やれやれ、である。ちょっと安堵して、深呼吸を一つ。

本来のホテルに戻る事になって一安心

全く、2014年の締めくくりに、神様のいたずらにしては、手が込んでいる。
本来予約してあった V Residence Hotel に戻ることにして、ここはチェックアウト。

トゥクトゥクをホテルにて手配していただいて、ホテルに1分ほどかけて戻る。

通常は13時からのチェックインなので部屋には入れない旨を、先ほどのホテルで言われたが荷物だけでも預けて、すぐにでも行動に移したかった。

chek in

何とも変なチェックイン感覚?、チェンマイに深夜着いて、朝の午前中に本来の宿へ

昨夜のフロントの人が出迎えてくれた。

チェックインの心配はよそに、部屋は用意されてすぐに通された。アーリーチェックインができたということだ。(人がいいのも・・・本来、昨日チェックインできたはずだろう)

同時に心の荷もおりた。

せっかく変更したオプショナルツアーの集合場所、またまた変更

相方がとつぜん「また、オプショナルツアーの迎えに来てもらう場所を伝えなくちゃね」
そうだった・・・・・
「どうせなら、直接現地事務所に行ってみようよ。ここから歩いていけそうだよ。」と、相方が地図(Google maps)を見ながら楽しそうにつぶやいている。

そんな訳でオプショナルツアーの事務所に直接向かうことにする。もう一度、集合場所の変更を伝えなければならない。
日本でいくつかツアー会社を当たってみたが、年末年始に希望するツアーはゆえに締め切っているか、この期間は開催がされていないということで、不可の返事をもらっていた。

本当は、今日からツアーを入れたかったが、申込時期が遅かったこともあり予約の取れるものはなかった。

googlegps1229

さっそくホテルを出て行動に

Google mapsにしたがって歩くことに。
もし、これがなかったら「旅」の楽しさは半減するというってもいい。iPhone5は、的確に足取りを進めてくれる。

この市街地には、新しい建物がいたるところでできている。街にパワーを感じる理由であろう。暫くいくと、左折する道路付近。道がない。完全に工事中で閉鎖されているので、イベント会場なのか広いスペースを横断することにした。

大変だったのは、太陽の熱とアスファルト(コンクリート)からの照り返しの強さである。

rode-1229.

たった数分なのだが、かなり堪えた。32℃近くの気温の中、日陰もないのがつらい。そして、数日前まで、氷点下の気温の札幌から来ているので身体がまだ順応できていない。

あとで、わかるのだが大きな道路を選択したため、ぐるっと遠回りになってしまった。

当初のスケージュールに行動すると戻っていく

ホテルからは、裏道を通りHuay Kaew(ファイケーオー)(※なかなかこの発音が通じない)道路から、ニマンヘミン通りに行く方が、断然早いことがわかる。

日本で、予約してあったHISオプショナルツアー。今回こみ入った内容を変更に変更を重ねていることが一番気がかりであった。

そして今日でも、ツアー予約可能ものがあれば、申込をという淡い期待をもって来店することに・・・。

his-1229

ラッキーな事に日本人スタッフがいた。

おかげで、話はスムーズである。明日から可能なツアーをすぐに調べ上げてくれた。

やはり、私たちのスケジュールで可能なツアーは限られていたが、前もって希望していたいくつかの予約を取ることができた。

やっと、この旅行が日本で考えたスケジュール通りに戻っている感覚になる。
旧市街のタイの寺院を巡るのはあまり興味がわかない。というのも、二年前のバンコクで見てまわり充分に満足しているからかもしれない。

ターペー門へトゥクトゥクに乗って

ターペー門に行くのにトゥクトゥクと交渉。チェンマイでもかなり少ない、女性のドライバーであった。ちょっと高いと思いながら150バーツ(THB)で手を打った。

150バーツ(THB)は口裏を合わせるように、通常使われる金額である(ように思う?)

tuktukladygo-1229

※チェンマイでも数少ないトゥクトゥクドライバー・・・いやライダー!

レンガ造りの壁が見えないくらいに埋め尽くされていた

tapey

ナワラット橋まで散策して見る

ターペー通りをナワラット橋まで散策してみる計画である。
やはり、このエリアで宿泊するというのが、やはり一般的なのだろう。この周りは多くのホテルがあるように見える。滞在する環境には適しているのだろう。

歩いてチェンマイ駅までは、無理そうだと判断する。ターペー門の城壁は、この時期イベントでテントが張られている。雑貨屋さん服屋さん、食べ物屋さんと夕暮れにかけて賑わってきそうな雰囲気。

城壁に沿って並ぶ、雑貨屋、Tシャツ屋、アクセサリー屋など様々。その中から、ハンドメイドの木彫りの象をゲット!

handmadeeiepha1229

並んでいる露店にはテントが張ってあり、ほとんど陽をさえぎってくれている場所なのに、さすがのタイの国30℃は越えている。

「スターバックス」で熱中症対策

さすがに、熱中症になりそうなので、目の前にあったエアコンが効いた店内の「スターバックス」に入ることにする。

昨日までは、氷点下に届きそうな雪国から来ているので、まだこの暑さには順応していない。さらに、昨日の事件で寝不足でもある。
普段だったら、こんなに甘いコーヒーは飲まないのに異国では、身体が順応しようとするのか、人一倍甘そうなメニューを選択してしまう。

チェンマイ、ターペー門前にあるスターバックス。

チェンマイ、ターペー門前にあるスターバックス。

旧市街の散策

ナイトバザールが開催される通り「チャン・グラン通り」の歩道には、開店用意の店がぽつぽつと並び始める。

※チェンマイのサムロー(三輪自転車タクシー)

※チェンマイのサムロー(三輪自転車タクシー)

三つの寺院があるようなので見てまわることにした。というよりもこの通りを歩くと自然に現れてくる。

特に観光で人気があるわけでもないようだが、タイの文化を感じさせます。先ほどにスターバックスに続いて、ファミリーマートもある。(チェンマイではここだけのように思う)というより、その手前のアート(落書き?)が気になる。

familymart

それでも、どちらかというと雑貨店などが面白い。タイといえば「象」という風な・・・ありったけの象さんがいた「DON COLLECTIONS」という店の店内も広かった。

don-collections1229

ワロロット市場方面へ向かってみるが、食品・衣料・雑貨とあまりのボリュームに圧倒される。それより、ここら辺の建物はどこでも、生活必需品を買いにくるので、人の波に酔ってくる。

warrot

一通り店内をぐるぐると回る。タイのチェンマイの人たちの台所とい感じがする。
ここを後にして、城壁の中を通って戻ることにする。
どちらかと言うと旧市街(城壁)は、観光化された部分が強く、外国人か多いという印象である。また、行くところは一緒なので途端に混み合ってしまう。

ソンテウ(songthaew)何人か乗り合いで旧市街観光ならお得かも?

ソンテウ(songthaew)何人か乗り合いで旧市街観光ならお得かも?

将来は、ニマンヘミン通りとファイ・ケーオ通りの交差点を中心にした店が作る地域だろうと勝手に思ってしまう。
「交通渋滞」が悩みの種だが・・・。
旧市街をブラブラ歩いてみる。(150バーツ使ってトゥクトゥクで移動した距離だ)

さすがにおなかが空いてきたのであらかじめガイドブックから押さえておいたところに行ってみる。
夕食の時間なのか、予定していた店は、超満員で店外まで並んでいる。次の候補も、同じように並んでいる。

団体での予約も入っているのか、評判の良いところはほぼ予想通り混み合っていた。

高級レストラン・ラチャマンカへ

せっかくここまで歩いて来たので、ここは「高級レストラン・Rachamankha(ラチャマンカ)」へ予約なし入店してみることに。
外観はまるでブティックホテルのようだ。
本当はガイドブックに載っていたメニューはないかと聞いたのだが、おそらく雰囲気ではランチ?だったのかもしれない。ありませんと言われた。

本格タイ料理を味わうつもりが、結局注文したのはミャンマー料理というカレーやトムヤムクンというオーソドックスなコースを選ぶことに。あまりにも本格的すぎて、メニューを選べない?のが本当のところ。

ratyamanca1229

あとから入店してきた日本人らしきご夫婦もメニューから選んだのは、私たちと変わらない!カレーが人気だったのは意外であった。

しかもその辺のちょっと美味しいとされる店と区別がつかないレベル。緊張させられるだけ、味の感動が残らなかった。

rachamankha1229

チェンマイへ中国からの直行便の多さ

それにしても、ここでも、中国の人たちは盛大であった。

別室であったが大人数で貸切状態。
「パワーがあるねぇ~。」
「異国でも、これぐらい日本人も元気な方がいい・・かもね」と、相方が言い出す。
きっと負けてられないと本来の闘争心がつぶやいたのだろう。

オプショナルツアーのガイドさんに聞いたのだが、ここ数年チェンマイへの中国からの直行便を増やしている。それで、かなりの中国人が来ているらしい。

日本も各都市へ直行便があったなら

日本も観光日本を掲げるなら、海外へ日本人が出て行くことも力を入れてほしいものだ。(日本のクォリティで「日本人マナー」は輸出の対象になると思う・・・そのためにはもっと海外へ日本人が行きやすくすることが解決の糸口になるように思う)

ただ、タイは政情が不安定なので、時間はかかると思う。(チェンマイにいる限り感じないが)この時期は、日本大使館のHPでも細心の注意をして渡航する事を定めている。

少し人の集まりやすいところまで戻って、明日までの水分補給分の水と食料を、「セブンイレブン」で購入しておく。

iPhoneの翻訳ソフトで「交通渋滞」と示して

さすがにレストランを出てからは、歩こうとは思わずトゥクトゥクを探す。

150バーツである。(ここからは、かなり近いはず・・・と思う)
「高い」といってもディスカウントする気配なし。

するとiPhoneの翻訳ソフトで「交通渋滞」と日本語で表示して「だから安くはしない」と言わんばかり。

なぜ日本人とわかるのか?

ところで、なぜ日本人とわかるのか?
よく店舗に入っても典型的な「日本人」と片言で言われることがあり、『日本人です』と歩いているのか!と思うことがたびたび。

ちょっと、納得がいかない値段だったので、別のトゥクトゥクと交渉するも今度は200バーツと言う。

ドライバーも、ちょっと吊り上げすぎと思ったのか「150バーツ」と言い返したので、OKをだした。
ドライバーはこの渋滞路を走りたくないようだ。効率良く客を乗せたほうが良いのだろう。

トゥクトゥクは交通渋滞が嫌い?

確かに、交通渋滞はひどかった。

そのおかげで周りの景色を歩行者感覚で見ることができた。

ようやっとホテルとの地理的な位置が見えてきた。もしかすると、歩いてホテルに戻った方が時間的に有利だということものみ込めた。(距離はそれなりにあるのだが・・・150バーツは高いだろうとあらためて思う・・・かかった時間を考えるとしょうがないとも。)

ターペー門からナワラット橋、ワロロット市場周辺からターペー門に戻り、旧市街を見てまわり、スアンドーク門まで来てしまっている。今日の歩行は相当な距離を歩いている。もう、歩くのはしんどい。

トゥクトゥク通った道で近道を知る

トゥクトゥクのお兄さんは、非常に爽やかな人だった。本当に渋滞の中何とか前へ進み、裏道を通り抜ける。おかげで、ホテルの近道までわかってきた。

jutai1229

※本当に渋滞に巻き込まれた・・・これが名物!郊外の宿泊はこれがつらい。

そして、このトゥクトゥクは運がイイ。
私たちがホテルについて、料金を払い終わりチップを渡そうとしていたら、、ホテルから客が出てきて料金交渉が始まった。

こちらはまだ下車していないぞ!!という間に。
次の客がすぐつかまるのだから・・・「始めは帰りの客はいないという前提で金額決めているのだから〜〜〜今回は半分でいいだろう」そんな思いをしながら(せこい)・・・。

・・・今日の日程は無事おわるである。合掌(ワイ)・・・コップン

つづく・・・



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。